マンガ紹介「ハチワンダイバー」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「ハチワンダイバー」です。

○作者 柴田ヨクサル
○出版社 集英社
○掲載誌 週刊ヤングジャンプ
○発表期間 2006~2014
○巻数 全35巻

■あらすじ
 主人公の菅田健太郎はかつてプロ棋士を目指していたが挫折し、今では賭け将棋で日銭を稼ぎつつ漫然とした日々を送っていた。勝負に勝ち過ぎ対局を避けられるようになった菅田は、ある日秋葉原の凄腕棋士のウワサを聞く。 秋葉原に赴いた菅田は自信満々でメガネの女真剣師「アキバの受け師」に勝負を挑むが、手も足も出ずに完敗を喫する。
 プライドをズタズタにされ、その悔しさから久々に将棋への情熱を取り戻す菅田。しかし自堕落な生活で部屋は荒れ放題。片付けの為に清掃会社に派遣サービスを依頼するが、現われたのはなぜかメイド。しかも菅田を「ご主人様」と呼ぶそのメイドこそ彼のプライドを打ち砕いた張本人、「アキバの受け師」だった…。(wikipediaより引用)  

~ジャンル分類~ 
パワフル将棋漫画

~要素方程式~ 
 [将棋]×[勢い]×[バトル]
=[ハイテンション]×[ギャグ]

「エアマスター」「谷仮面」などの
柴田ヨクサル氏の本作品。

従来の格闘作品から一変、今回は将棋漫画。

しかし柴田ヨクサル氏の
熱さと単純さで描いたこの作品は
将棋漫画ではなくやっぱりバトル漫画。

ちなみに作者柴田ヨクサル氏は子供時代
将棋プロを目指していたほど実力があるらしく

プロになれなかった主人公の姿は
作者に照らし合わせたものなのかもしれない。

ちなみに作品タイトルである
「ハチワンダイバー」とは 将棋のマス
9×9マス(81マス)に
深く潜り込む(ダイブ)から来ている。

これは余談ですが
このダイブするという表現は一見
漫画らしい表現だとか
過度な表現だとか思えますが

将棋名人の羽生さんの
TVインタビューを見ていたとき

「将棋勝利の秘訣はなんですか?」
と司会に聞かれたとき
「深く潜り込むんです」と話していて

自分も驚いたんですが
あながち嘘の表現ではなさそうです・・・。

~見所ポイント~ 

①圧倒的な迫力

「将棋漫画」と聞いて
逃げ出さないで是非見て欲しい。

この作品は将棋の名を借りた
はっちゃけ漫画です笑。

いくら題材が将棋であろうが
柴田ヨクサル先生の圧倒的な迫力で描けば
出来上がった作品は迫力満点に仕上がる。
肉弾戦もよく出てきます笑。

肉弾戦をするハチワン。将棋マンガだよな?笑。

実際、将棋のシーンは多くあれど
ほとんどは登場キャラの圧倒的迫力のシーンや
驚異的な台詞を楽しむ作品なので

誰しもが笑って驚いて興奮できる作品です。
見所はそこ!!もうバトル漫画です!!!

②笑えるんだよなぁ

柴田ヨクサル作品って
別にギャグ漫画ではないと思うんですけど
そこらのギャグ漫画よりはるかに面白い笑。

まあはっちゃけ過ぎたキャラクターが
圧倒的に面白いっていうのもあるんですが
ギャグやありえない展開などは本当に面白い。

お互いの人生を賭ける事になった文字山とハチワン。

なんでこんなに面白いんだろう・・・。

個人的な好みがドンピシャな部分もありますが
抜群に面白いです。ギャグ漫画なのかなこれ笑。

③将棋マンガとしての魅力

将棋:パワフルを1:9ぐらいで
描いてるこの作品ですが

実は将棋の面も・・というより
「将棋に想いを寄せる人間」 という面を
真摯に描いている気がする。

真剣師としてわざと負けたときに思わず泣いてしまった菅田。

将棋のプロになれなかった主人公が
真剣師として様々な戦いに巻き込まれていく
怒涛のストーリーが必見です。

もちろん将棋の面もしっかりと描かれます。

まあ将棋を知らなくても読める作品ですが
将棋の知識があった方が楽しめると思います。

~注意点~ 

①将棋の描写は少ない

将棋を行う上での心理描写はあるものの
実際の将棋の戦いや描写はあまり多くなく
将棋単体としてはあまり期待できません。

そもそもこのマンガの良いところは
圧倒的な勢いと強烈なキャラにある。
勢いだけなら、もうバトルマンガです笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハチワンダイバー」を一言で言うならば

脅威のパワフル将棋マンガ  

柴田ヨクサル作の脅威の将棋マンガ!!
柴田ヨクサル作者作品はすべてが面白い。
超オススメです!!


個人的好み度
 87%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント