マンガ紹介「咲-Saki-」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「咲-Saki-」です。

○作者 小林立
○出版社 スクウェア・エニックス
○掲載誌 ヤングガンガン
○発表期間 2006年~連載中
○巻数 19巻(2019年5月現在) 

■あらすじ
 時は21世紀…。麻雀の実力が人生を左右する時代に、二人の天才女子高生が舞い降りる。毎局プラスマイナスゼロで和了る少女・宮永咲。全国中学生麻雀大会個人戦優勝者・原村和。互いの生き様が交わる時、熱き物語の幕が上がる。(漫画レビュードットコムより引用)  

~ジャンル分類~ 
美少女麻雀漫画 

~要素方程式~ 
[美少女]×[麻雀]
=[迫力]+[キャラ立ち]


なんと高校生、それも・・・
美少女たちが麻雀を戦っていくという作品。

萌え漫画的な画風は苦手気味ですが
麻雀漫画は気になるので挑戦!!

出典:コミック「咲-Saki-」第1巻

あらすじを補足すると、家族麻雀で
常に得点をプラマイゼロにしてきた,
天才的な実力と豪運の持ち主である宮永咲

全国中学生麻雀大会優勝者で
データ麻雀を武器に
ネット麻雀界で恐れられる原村和

この二人の天才女子高生が数々の麻雀勝負を
仲間として、そしてライバルとして戦っていく。

こんな感じですかね。まあそのうちに天江衣という
強力なライバルも出てきたり
キャラ漫画的な要素の印象がある作品です。

~見所ポイント~ 

①美少女麻雀

まずはやっぱり美少女キャラが
麻雀で闘っていくという設定ですね。

麻雀で闘うキャラクターはすべてが
女子高生なので、男は闘いません。たぶん。

出典:コミック「咲-Saki-」第5巻
出典:コミック「咲-Saki-」第5巻

自分がこの作品で面白いと思ったのは
実際の麻雀で培ったプラマイゼロを
得意とする咲はネット麻雀が苦手で

ネット麻雀界で恐れられている和は
現実の麻雀で弱点が見つかったり
すごくわかりやすいキャラ設定でした。

キャラクターに関しては
登場する人物のそれぞれには
何か特徴や必殺技があり

そこは他の麻雀マンガにも言えますが
まあ上に載せた画像のようにありえない強さ笑。
(リンシャン2連続やハイテイ2連続はチート笑)

個人的には、影が薄く、黒いオーラを身にまとう
その名も「ステルスモモ」というキャラには
麻雀漫画でも異質キャラで度肝抜かれました笑。

②麻雀描写

麻雀マンガとして気になるのは麻雀の描写ですが
初心者にわかりやすいように
きちんと説明が書かれていたり
牌やテンポなども非常に見やすく読みやすいです。

出典:コミック「咲-Saki-」第1巻

ロンした牌が、浮かび上がって見れる
この手法はなかなか見やすい・・。

なかなかに読みやすい麻雀描写は良かった。

③大迫力描写 

これはちょっと笑ってしまったんですが笑
一見萌え漫画なのに意外にここぞの演出は
そこらの作品より数倍迫力があります笑。

出典:コミック「咲-Saki-」第1巻

これはびっくり。
大ゴマの連発は結構多く
インパクトは非常にあるので、ここは見所かと。

④無駄に上手い背景

無駄って言うとすごく悪口に聞こえますが
めちゃくちゃに褒めてます笑。

背景描写の緻密な「あひるの空」にも言えますが
背景の描写にかなり力をいれすぎです笑。

出典:コミック「咲-Saki-」第1巻

そこまで作品として背景は頑張らなくても・・
と思ってしまうんですが
何かすごくこだわりを感じたのでご報告・・・。

~注意点~ 

①麻雀描写の簡略化 


麻雀マンガはいくつか見てきましたが
ここまで麻雀における心理描写や 牌の軌跡が
省略されている作品はなかなかない。

そのため「読みやすい」という半面
「麻雀描写が薄い」や「心理戦が楽しめない」など 
「麻雀マンガ」としての駆け引きは薄いです。

そこは注意点ですね。

②キャラ漫画

もともと麻雀の描写は薄く
それでいてキャラはしっかり個性がくっきりなので

麻雀描写の薄さ+個性的キャラ続々登場
=キャラ漫画 みたいな印象があります。

大会でもどんどん個性的なキャラが出てくるので
「次はどんな奴が?」みたいに
麻雀よりもそっちを楽しんだ方がいいかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「咲-Saki-」を一言で言うならば

「美少女JK麻雀バトル」 

麻雀の心理戦や描写の薄さ以外は
意外にも他の麻雀マンガよりも
すぐれているところが何点もありました。

わかりやすいし読みやすいし
そしてキャラ漫画的な要素と
何気にすごい迫力の演出。

一見萌え漫画っぽいですが
そこまでの印象も無く読みやすく
気になる方は一読を是非~。

個人的好み度 58%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント