映画紹介「劇場版 Fate Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編」

この記事は約5分で読めます。


本日の映画紹介は
「劇場版 Fate Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram」です。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

○原作 奈須きのこ / TYPE-MOON
○監督 末澤慧 ○脚本 小太刀右京 
○キャラデザ 細居美恵子,黄瀬和哉,温泉中也
○音楽 芳賀敬太,深澤秀行
○製作 SIGNAL.MD
○封切日 2020年12月5日

補足

本作品は第二部構成のうちの前編となります。

■あらすじ
 遍歴の騎士ベディヴィエールは、砂の大地と化した西暦1273年のエルサレムにたどり着く。そこでは、獅子王の命のもと聖都を守るべく集結した“円卓の騎士”、この地に領地ごと召喚され静かに現状打破を狙う“太陽王・オジマンディアス”、土地を奪われた民を守り叛逆の機会を待つ“山の民”による三つどもえの戦いが繰り広げられていた。己の成すべきことを果たすべく聖都を目指すベディヴィエールは、人理を修復するためやって来た人類最後のマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトに出会い、最後の探索へと向かう。(映画.com引用)


Fate Grand Orderの劇場アニメ映画。

今回はTVアニメ第七特異点の
ひとつ前の「第六特異点」である
西暦1273年のエルサレムが舞台。

人理修復のために訪れた藤丸とマシュは
道中で聖都を目指すベディヴィエール
という騎士に出会うことで物語が動き出す。

~映像・音楽~ 

監督は「末澤慧」

アニメ制作は「SIGNAL.MD」
アニメ制作会社IGポートの子会社として
2014年に設立。過去作品はまだ少ないよう。

後編は同じくIGポートグループの
Production I.Gが制作となっています。
 
音楽は「芳賀敬太」「深澤秀行」

~演出・時間~ 
 
上映時間は89分

Grand Order「第六特異点」
西暦1273年のエルサレムに到着した
藤丸立香とマシュ・キリエライトは
ベディヴィエールという騎士に出会う。

話の大筋は

獅子王の命のもと聖都を守る“円卓の騎士
現状打破を狙う“太陽王・オジマンディアス
土地を奪われ叛逆の機会を待つ“山の民

エルサレムにおける三つどもえの戦いのなか
円卓の騎士を従えるアーサー王討伐を目的に
藤丸、マシュ、ベディヴィエールが動き出す。

~見所ポイント~ 

①マシュの入浴シーン

あれ?いきなりの見所がこれ?笑
う~ん、今回前編はあまり見所が見当たらず。

強いて言うなら太陽王サイドのニトクリスと
マシュの入浴サービスシーンぐらいか・・。

~注意点~ 

①アニメ制作会社の問題か

Fateシリーズと言えば数々の派生に伴い
アニメ制作も数々の会社が絡んでますが

今回IGポート子会社の「SIGNAL.MD」制作で
個人的に劇場アニメとしては低水準の印象で。

バトルシーンや山場の魅せ方だとか
いまひとつで世界観に入り込めなかった。

二部構成の前編ということで
盛り上がり前の序章と考えたとしても
ちょっと物足りなさや盛り上がり不足が
単体の映画作品としては目立っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「劇場版 Fate Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram」
 を一言で言うならば

騎士ベディヴィエールの決意  

Fate Grand Order「第六特異点」にして
初の劇場アニメ二部構成の前編。

物語のとっつきにくさは置いたとしても
どうしてもクオリティは首を傾げる印象。
映画単体としても「物足りなさ」が強い。

後編は親元のProduction I.G制作なので
そこに期待して、本作前編は後編視聴前に
動画サイトで視聴ぐらいで良いかもしれない。


5つ星評価 2.5

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント