映画紹介「ジョゼと虎と魚たち(実写)」

この記事は約8分で読めます。


本日の映画紹介は
「ジョゼと虎と魚たち(実写)」です。

出典:Asmik Ace作品紹介(画像リンク)

○原作 田辺聖子
○監督 犬童一心
○脚本 渡辺あや 
○音楽 くるり
○配給 アスミック・エース 
○封切日 2003年12月13日 

注意

本記事はネタバレを含んでおります。

PG12

12歳未満は保護者の助言や指導が必要な作品

■あらすじ
 忘れたい、いとおしい、忘れられない。マージャン屋でバイトをするごく普通の大学生の恒夫。最近麻雀屋で近所の婆さんの話題が噂になっていた。「あの婆さんは運び屋で乳母車の中は大金?麻薬?」そんなある日、恒夫は坂道を走ってくる乳母車と遭遇。中をのぞいてみるとそこには包丁を振り回す少女が。それが恒夫とジョゼの出会いだった。恒夫はそんな不思議なジョゼに惹かれてゆく……。(Asmik Ace 作品紹介引用)


1984年発表、田辺聖子による短編小説を
妻夫木聡、池脇千鶴主演により実写映画化。
2020年にはアニメ版としても映画化。

バイトと女性関係に明け暮れる大学生の恒夫
ある日坂を急降下する乳母車に乗った足の不自由な
ジョゼと名乗る女性(クミ子)と出会う。

祖母と二人暮らしで、足が不自由なジョゼは
世間から隔離されるような生活を強いられるが
恒夫との出会いから外の世界に目を向け始める。

恒夫もまたジョゼの不思議な存在に惹かれていく。

~映像・音楽~ 

監督は「犬童一心」
主作品で言えば本作品以外であれば
『ゼロの焦点』『のぼうの城』など。

映像はどこか朝方の「彩度が低い」ような
独特な色彩と、俯瞰的なカメラワーク視点など
本作品の見応えは独特な印象がある。
 
音楽は「くるり」
このどこか切なく「彩度の低い」映画に
ぴったりな印象で、これに関しては見事で
BGMや主題歌含めて最高の音を乗せてくれる。

~演出・時間~ 
 
上映時間は116分

原作短編小説は数十ページで
足が不自由で世間から孤立するジョゼと
その不思議な魅力に惹かれていく恒夫の
純愛とエロティシズムを描く。

本作品ではその原作に肉付けをして
ひとつの映画作品として仕上げているが

健常者と障がい者の恋愛
男女の恋愛に対する視点の差異
恋愛の強かさとあっけなさ


原作者:田辺聖子さんの恋愛小説は
その「女性」の二面性、いや俯瞰的というか
恋愛に対するその「視点」は凄みがあって

本作品の実写化で言えば
そのラストに向けての動き出しは
原作を超えた「その先」を描いているが
「外してない」と思う。外してない。

~見所ポイント~ 

※長文になります。語りたいので!

①恋愛の始まりと終わり

原作も本作もそうなんですが
「健常者と障がい者の恋愛」
というテーマは作中に感じられるものの
個人的には「恋愛の終始」が主題に感じる。

恋人との別れを1度でも経験し
その経験が「虚しさ」と抱き合わせたもので
記憶の棚に残している方には観て欲しい作品。

恋愛の終始という点で観てみると

大学生の恒夫は「
何事にも寛容で気さくな優しさを持ち
ジョゼが抱える「障がい」を含めて愛し
恋の「始まり」に心躍らせていく。

ジョゼは「終始
驚くのは原作でもそうなのですが
ジョゼは今まで考えられなかった奇跡
恒夫との恋愛を心から楽しむ一方で
驚くほどにその恋の「終わり」も見据えている。

作中で言えば「深い深い海の底から」
やってきた魚とも言えるが、ジョゼは
恒夫がいなくなったら迷子の貝殻のように
海の底をごろごろ転がり続ける
」とも話す。
そしてジョゼは「それもまたよしや」と話す。

そんな男女、健常者と障がい者の
綺麗な恋愛模様を眺めていきながらも
どこかに「終わり」が来てしまう予感。

そんな予感は観客にもリンクしていき
その「予感」は恒夫とジョゼのドライブで
カーナビの音声案内をジョゼが消した瞬間に
確信するものになってしまう。

②ぼくが逃げた

端的に言うと二人は「別れてしまう
しかも恒夫は一度意中だった彼女と
ヨリを戻すような形でジョゼと別れる。

終わりの予感がしてからも
数か月は一緒に暮らした恒夫とジョゼ。

別れの理由を恒夫は「色々」と話すも
すぐに訂正して「ぼくが逃げた」と話す。
その「色々」は作中ではカットされている。

そして恒夫は新しい彼女と歩きながらも
途中の歩道で急に座り込み泣き崩れてしまう。

道路対岸から撮ったような俯瞰した視点
車の雑音で彼女の声が聞こえづらい視点


この終盤のシーンはBGMの入りも含めて
映画作品屈指の名シーンだとおススメします。

一方のジョゼは恒夫との別れたその後は
一度は「要らん」と言った車いすにも乗り
買い物や料理も手掛けて強く前を向いている。

恒夫とジョゼの対比は
恋愛の終始の男女視点の差異そのもので
本作品のラストで味わえる「あの感情」は
誰しもが共感できる何かが確かにある。

③虎と魚

ジョゼはいつか好きな男ができたとき
一番怖いもの()を男と見に行くと
決めていたと話す。

怖くても「すがりつける人」が入れば
虎を見に行けると思っていたし
好きな男が現れなければ「それもしゃあない」
とやはり俯瞰的な恋愛の「終始」を見据える。

またドライブの帰りのラブホテルで
動く魚の照明を見ながらジョゼは自身を
深い海の底から泳いできた「」と称すも

一度光を知った後には以前の闇には戻れず
迷子の貝殻」になって転がり続けると話す。

幸せがあれば不幸もある
出会いがあれば別れもある

その「高低差」は人生に動きを付けてくれるが
障がいを持つジョゼは何を思ったのだろうか。

」と「」は象徴的な表現だが
本作でも多くの主題と余韻を残してくれる。

④自然でありふれた日常

どこか「淡く」どこか「はかなく」
どこか「俯瞰的」なカメラワークは
本作品のテーマに沿ったものだと思う。

作中は驚くほどの「余白」があるし
驚くほどに自然でありふれた日常が流れる。
これはある意味「退屈」な映画かもしれない。

妻夫木聡さんの恒夫は女たらしだけど純朴で
どこか憎めない等身大さは見事だったし

池脇千鶴さんのジョゼは独特な関西弁と
女性特有の「熱さ」と「冷たさ」が
不思議で魅力的な演技で引き込まれた。

作品全体の脚本も、原作短編小説映像化の
ひとつの最適解」だったと素直に思う。

~注意点~ 

①二度は観たくない作品

良い意味で。

それは本作品が恋愛の「終わり」を
見事に切なく、虚しく描くことに
成功しているからであって。

それでもやはり洗練された「虚しさ」は
胸をキュッと締め付けられるので苦しい。
この「虚しさ」は一度でいいと思ってしまう。

②映画としての濃淡は少ない

濃淡というか常に「淡」というか。
カメラワークや余白や色彩やBGMなど色々と
その「淡い」雰囲気は独特で退屈です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ジョゼと虎と魚たち(実写)」
 を一言で言うならば

迷子の貝殻になって転がり続ける  

ジョゼという名は
ジョゼ(クミ子)が読むフランソワーズ・サガンの
小説『一年ののち』の登場人物より。

本作品中でもジョゼが語り掛ける
『一年ののち』作中のこの一説

「いつかあの男は
あなたを愛さなくなるなるだろう。

そしてあなたもまた
あの男を愛さなくなるだろう。

それでも同じことなのだ。
そこには流れ去った1年の月日があるだけなのだ」


恋愛だけではなく
すべてのものに「終わり」はある。

その「終わり」を「始まり」から
見据えることは弱さなのか強さなのか。

本作品で言えばジョゼは後者で
恒夫は若さ故にそこから「逃げた

それでも月日が経って振り返ったとき
ふたりには同じ「月日」があるだけで
その「感情」には名前がまだ浮かばない。

この類のテーマでは傑作の一品。


5つ星評価 4.6

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント