マンガ紹介「はじめの一歩」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「はじめの一歩」です。

○作者 森川ジョージ
○出版社 講談社
○掲載誌 週刊少年マガジン
○発表期間 1989年43号 – 連載中
○巻数 既刊126巻(2019年10月現在)

■あらすじ
 主人公幕之内一歩は、母親と二人暮らしの高校生。小さいころから実家の経営する釣り舟屋を手伝う、健気な孝行息子である。やさしい性格だがいじめられやすく、帰宅途中はいつもいじめに合う。
 しかし、ある日偶然通りがかったプロボクサー「鷹村守」に助けられ、ボクシングの魅力にとりつかれてしまう。日ごろ、「もっと強くなりたい」と願っていた一歩は、ひたすらに努力を重ね、プロボクサーになっていく。  

~ジャンル分類~ 
王道ボクシング漫画 

~要素方程式~ 
[いじめられっこ]×[ボクシング]
=[王道]×[名勝負] ×[名キャラ]


現在マガジンで掲載され
100巻以上も継続する超大作ボクシング漫画です。

いじめられっこの主人公が
ふとした出来事で日本王者に・・・
という王道ストーリーです。

特徴的な設定でとしては
強いて言うなら主人公が釣具店という設定?

作風としては
非常にギャグなどの日常生活も多く

試合と日常風景に差があって
メリハリした印象が、読んでいて目に付きます。

~見所ポイント~ 

①キャラが熱い!!

はじめの一歩に登場するキャラクターには
様々な面で魅力があります! 

長編ならではの特権といいますか
昔からいたキャラが何回も登場したり
なつかしのキャラが登場したりと・・

キャラクターをすごく大切にしている漫画です。
登場人物の背景や過去なども
しっかり描かれている所を見るともう文句なし。

これは完全に余談ですが
上に画像を載せた「間柴了」
一番好きなキャラで 極悪キャラです。

あの沢村VS間柴の極悪試合は絶対見所です!! 

②技が多彩

登場人物のほとんどは
ひとつは何か必殺技を持っています。

必殺技はしっかりとした解説と
対策などを語る部分もあるので
お気に入りの必殺技ができると思います!

その中でも主人公一歩は
ガゼルパンチ・デンプシーロールなど多彩で

ガゼルパンチ→ボディブロー→デンプシーロール
のコンボは必見です!

さらに言えば、例えば一歩のデンプシーロール
などの技は実際に存在する技で非常に注目です。

実物のデンプシーロールの映像を見たのですが
確かに大迫力で、ものすごいキレの技でした! 
ちなみに自分のお気に入りの技は
スクラッチJのジョルトブローです。

③迫力ある画力によるボクシング描写 

初期はまだ、画力が高いとは言えないものの
中盤以降から、すでに画力は
固まっているといいと思います。

ボクシング描写の迫力においては
言うまでもなく、オススメできる見所だと思う。

④ギャグが面白い

試合中にあまりギャグはないものの
日常シーンや、青木・木村ペアなど
ギャグシーンはかなり面白い。

青木VSパパイヤ戦にて、お互いがよそ見フェイントをしてしまったシーン笑。

特に鷹村さんの後輩いじりは見所です笑。

⑤ライバル宮田との対決はいかに!?

主人公一歩のライバルである
宮田との対戦が引き伸ばされ
そして結局試合をしなくなった部分は
ファンの中でもかなりの反感を買っている。

きっとこのライバル対決は
いずれ行われると思い・・たい・・。

一歩と宮田は練習試合の2戦で一勝一敗。
三戦目は、いつか行われると信じて待ちましょう!
(と言っても、もう70巻ぐらい待ってるけどね笑)

~注意点~ 

①80巻以上という巻数

まあ80巻以上は結構きついですよね・・・。

それに試合描写も、コミックで見れば 
長く感じないものの週刊誌で見ていると
結構長々とした試合展開に飽きてしまう場合も。

う~ん、でもあまり注意点が見つからない。
素晴らしい作品だと自分は思っています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はじめの一歩」を一言で言うならば

強いってどんな気持ちですか?  

弱気な主人公が強さとは何かということに対して
様々なライバルや仲間と共に立ち向かっていく。

個人的に現在連載中のマンガ作品のなかでも
「物語が終わらないのでは?」と思うNO.1作品。

ボクシング漫画として誰にでもオススメできる!!

個人的好み度
 83%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント