マンガ紹介「リアル」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「リアル」です。

○作者 井上雄彦 
○出版社 集英社
○掲載誌 週刊ヤングジャンプ 
○発表期間 1999~現在連載中 
○巻数 14巻(2014年12月現在)

■あらすじ
 自身の引き起こしたバイク事故により高校中退
他人に一生残る傷を残した罪に苛まれる野宮朋美
 車いすバスケットボール有力選手でありながら
仲間と上手くいかずにチームを抜けた戸川清春
 自尊心が強くトラック衝突による交通事故にて
下半身不随の事実を受け入れられない高橋久信
 それぞれが向き合うREAL(現実)――。
 (wikipediaより引用)   

~ジャンル分類~ 
車椅子バスケット漫画 

~要素方程式~ 
 [障がい]×[バスケ]×[車椅子]
=[葛藤]×[人間ドラマ]

「SLAM DUNK」の作者
井上雄彦さんが描く
障がい者バスケットボールのお話。

見ていて驚いたのが
バスケットシーンが少なめで
スポーツ漫画というよりは
障害の人間ドラマを中心に描かれていたこと。

作品自体は、「こんな空気感も描けるのか」
と感心するぐらい暗い・・。

暗い、というかなんというか
淡々としている印象で
少しスポーツ漫画として見るには違和感。 

フレッシュ感はないが
どこか惹きつけられる魅力ある作品。

~見所ポイント~ 

①人間ドラマ色の強い物語

車椅子バスケットという題材は
この「リアル」しかないでしょう。

と言ってもスポーツ色より人間ドラマ色が強く
主人公3人のストーリーが交錯する感じで進むが
ところどころの重いセリフやシーンは重い。

この漫画のテーマは読めばすぐに気づきますが
スポーツ漫画でなく障がい者人間ドラマにある。

②登場キャラクターの苦悩

主な主人公は三人いて
それぞれの苦悩、挫折、希望
様々な人間ドラマを見ることが出来る。

■骨肉種で右足を失った戸川
「どうしてこうなった」「何故俺なんだ」など
陸上で頑張ってきたその結末を恨み悩んでいる。

■バイク事故で女の子に障害を残してしまった
絶対的な「後悔」に苦しむ野宮

■自称Aランクの人生だった高橋
トラック衝突のよる下半身不随の事実を
受け入れることが出来ず後悔と絶望に苦しむ。

3人とも過去を悔やみ生きている。
だけど過去を眺めていても先は見えないわけで
少しずつこの3人は、過去→現在→未来と進む。

3人の中で一番「未来」を感じるのは戸川。

彼は一度やめたバスケットチームに戻り
必死で毎日を過ごしている。

自動車免許も取得するなどすごく前向きだ。

もちろん中学頃に障害を持ったので
心の傷は一番昔ということもあって
3人のなかでは一番前向きで光っている。

次に、今まさに「現在」を
生きようとしているのは野宮。

事故で障害を残した女の子に会いに行くとか
戸川の車椅子を武器ではなく才能と言ったり
バイトを必死に頑張っているとか・・・
がむしゃらに今を生きているのが彼。

最後に、3人の中では
一番「過去」にすがっているのが高橋。

自称Aランクの人生を生きるも
下半身不随になってから過去を悔やむ生活が続く。

いなくなった父親と面会した日
自分の足をガラスで傷つける場面もあった。

落ち込んだり立ち直ったりと繰り返しの生活。

以上この3人と、その周りの人たちの
人間ドラマが主となっている作品です。

~注意点~ 

①スポーツ漫画として重い作風 

障がい者スポーツマンガとして
別に明るい作風にすることはできたと思う。

しかし、このマンガの雰囲気は限りなく重い。

そのため、仮に「SLAM DUNK」を
頭の片隅に置いていると、スポーツ漫画として
期待を裏切られてしまうんじゃないかと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リアル」を一言で言うならば

「主人公3人の向き合うリアル」  

障がい者バスケットが
障害者区分1.0~4.5に点数で分けられ
五人の合計が14以下にならなければいけないとか

そういう純粋に障がい者スポーツの
ルールを知れるのもこの漫画の魅力です。

とにかく人間ドラマが中心。色々感じ取れる作品。

個人的好み度
 73%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント