アニメ紹介「荒ぶる季節の乙女どもよ。」

この記事は約2分で読めます。


本日のアニメ紹介は
「荒ぶる季節の乙女どもよ。」です。

出典:アニメ公式HP(画像リンク)


○原作 岡田麿里、絵本奈央
○監督 安藤真裕、塚田拓郎  
○キャラデザ 石井かおり
○音楽 日向萌
○製作 Lay-duce  
○放送期間 2019年7月 – 9月  

■あらすじ
 あなたの“はじめて”を、わたしにください──。
 和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。(amazonより引用)


~映像・音楽~

アニメ制作は「Lay-duce」
ボンズから2013年より独立したアニメ制作会社。
「マギ」や「Fate/Grand Order」などを手掛ける。

作品の雰囲気に合わせてか、光や色の演出が
すごく特徴的で靄のかかったような印象が残る。

音楽は主題歌が「HoneyWorks」
青春群像劇×女子高生というキーワードで
これでもかのヒット率の高い選曲は100点!

個人的に好きな曲だったので
OP主題歌の映像は「傑作」の太鼓判!!

~演出・時間~ 
 
アニメ話数は全12話
漫画原作ということもあって、基本的には
1話オムニバス形式に近い標準的な見心地。

原作や構成は「岡田麿里」
『あの花』なんかが一番有名なところでしょうか。

個人的には本作品の第1話を見て欲しい!
もう1話ラストの展開、BGMの入り、完璧です笑。
これはもうアニメ第1話の「掴み」の満点解答。

 ~見所ポイント~

文芸部に所属する女子5人の「青春群像劇」が
本作品の世界観で、テーマはずばり「」。

思春期×女子高生×文芸部

文芸部という少し地味でお固い女子生徒達が
「性」という部分に時に可笑しく、時に真剣に
彷徨う姿をスピードある脚本と映像で魅せる。

総じて楽しく可笑しく見れるアニメ作品。

~注意点~ 

テーマが「性」なんで・・露骨では・ある笑。

まあゲスい下ネタでは決してないんですが
「女子高生青春群像劇」と真っすぐに見ると
「性」のテーマで曲がった印象を受けるのは
致し方ないかなぁと思ってしまいます。

とりあえず1話見て笑える人は問題無しです笑。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」
 を一言で言うならば

「女子高”性”?の青春群像劇」  

女子高生が「性」に振り回される姿を
脚本家『岡田麿里』のテンポとスピード感で
淡くきれいな青春群像劇として昇華させた。

とにかく第1話が面白い!
まずは見て欲しい。傑作の第1話です(*’ω’*)

5つ星評価 3.5

(・ω・)「アニメ紹介一覧はこちら」(・ω・)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント