マンガ紹介「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」です。

○作者 谷川ニコ
○出版社 スクウェア・エニックス
○掲載誌 ガンガンONLINE
○発表期間 2011年~
○巻数 既刊16巻(2019年11月12日現在)

■あらすじ
 黒木智子は喪女である。
 女子高生になれば何もしなくてもモテモテだ。そんなふうに考えていた時期が彼女にもあった。しかし、入学して2ヶ月経っても彼氏ができるどころかクラスメイトともろくに会話もできず、焦り出した智子は行動を開始した。
 人見知りで他人とのコミュニケーションが苦手な彼女にとって、まず家族以外の人間とまともに会話することから始めなければならなかった。 これは、モテない女子高生がモテるようになるために、見当違いの努力と虚しい奮闘を重ねる物語である。(wikipediaより引用)  

~ジャンル分類~ 
自虐的JK日常漫画 

~要素方程式~ 
 [JK]-[友達]-[恋愛]
=[自虐]+[虚無]

喪女の定義に当てはまる女子高生の
「黒木智子」は花の女子高生になれば
必然的にモテると信じていた。

しかし蓋を開けてみれば入学から2カ月
同級生の誰とも会話をしていないという
緊急事態を迎える事になる。

喪女の定義は

①男性と交際経験が皆無
②告白された事がない人
③純潔であること


以上の3点を満たしている女性であり
この物語はそんな痛々しい女子高生が主人公が
悲しき学園生活を送る自虐的JK日常劇作品です。

~見所ポイント~ 

①喪女である

喪女の定義に当てはまり
痛々しきJKライフを送る黒木智子。

妄想や恋愛ゲームによる
疑似恋愛、コミュ障、根暗etc・・・・

まずは何と言っても
彼女の痛々しき自虐的展開が魅力です。

基本的にはギャグテイスト漫画なので
その痛々しさに笑っていいのですが

結構内容自体は重く
ひたすら下へ下へと落ちる雰囲気は
通常のギャグ漫画とは違う・・・

②下ネタ多し!!

JKらしからぬ下ネタ多しのセリフは
見ていて新鮮です笑。

基本的に根暗の性格で
他人の幸せは妬む主人公なので
妬んでいる時の口の悪さや
おっさんくさい下ネタは面白いですww

自虐的であり他人に対しては嫉妬的である女の子。

また各話のクオリティも結構面白くて
かわいい友人と下着を買いに行くシーンは
結構笑いました。

痛々しさはちょっと人によっては
笑えなそうですが・・・
こういう部分は素直に笑えます♪

~注意点~ 

①自虐的展開ギャグ 

この世の中にはこういう自虐的な日常作品は
結構多くあると思う。

その中で何か画期的な魅力があるかというと
それはそれでないかも・・。

痛々しい女性の自虐的ギャグっていうのも
割とありふれていると思うので
各回のクオリティは安定感があるものの
ずばぬけた個性は感じないかも。 

あるとしたら主人公が本当に友達がいないので
会話シーンが少ないという点ぐらいか・・笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」
 を一言で言うならば

黒木智子は喪女である  

JKらしからぬ下ネタ発現や
痛々しすぎる生活が魅力。

とことん自虐ネタを盛り込んだ
喪女JKライフがおススメの作品です。

自虐が面白可笑しく描かれてはいますが
内容は結構重くて悲惨でもあるのでそこは注意笑。

軽いような重いような
不思議な読み応えのJK自虐コメディです。

個人的好み度 56%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント