マンガ紹介「永沢君」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「永沢君」です。

○作者 さくらももこ
○出版社 小学館
○掲載誌 ビックコミックスピリッツ
     ビックコミックスピリッツ21
○発表期間 1993-1995
○巻数 全1巻

■あらすじ

ボクは、中学男の永沢さ。
ボクって永沢ってみょうじだから
永沢に君をつけて永沢君なんて呼ばれてるんだ。

「ちびまる子ちゃん」に登場する
あの永沢君のスピンオフ作品!!!  

~ジャンル分類~ 
ブラックユーモアギャグ漫画

~要素方程式~ 
 [永沢君]×[スピンオフ]×[藤木君]
=[思春期]×[超ブラック]

あの国民的作品「ちびまる子ちゃん」
に登場する永沢君が主役の本作品。

なんと永沢君は中学生に!?
おなじみの大親友の藤木君に
くいしん坊の小杉を加え

究極のスピンオフ作品に仕上がっています。
これは本当にすごい作品。

出典:コミック「永沢君」

まる子などの主要なメンバーはほぼ現れず
「永沢・藤木・小杉」の3人が主役。

あの永沢君が中学生になったと聞くだけで
ワクワクしませんかい?

~見所ポイント~ 

①あいつらが中学生に!?

この作品の一番の魅力は
「永沢君が主役」「藤木の卑怯が顕在」だとか
そんな生半可なことじゃない。

彼らが「中学生」になったという点だ。

あの「永沢君」「藤木」「小杉」が
中学生になった姿なんてもはや救いようがない笑。
そこだけはタブーな領域なはずなんです。

中学になり永沢や藤木は恋の話だってするし
不良に憧れたり、タバコだって吸ってみるし
将来の悩みを抱えたりする。

出典:コミック「永沢君」

まさに「思春期」。

「永沢君」と「藤木」の思春期の姿なんて
誰が見たいと思いますか!
いやめっちゃ見たいな笑。でも虚しすぎです。

さらに食いしん坊の小杉も仲間に加わり
またこの小杉も妙に落ち着き
食いしん坊キャラもたいして
発揮されていないという悲しさ笑。

出典:コミック「永沢君」

ひとことでいえば「虚しさ」。
この虚無感がこの作品の一番の魅力。

②永沢のひねくれ具合と藤木の卑怯

やはり永沢君のひねくれた性格と
藤木の卑怯な性格は見どころ。

出典:コミック「永沢君」
出典:コミック「永沢君」

ひねくれた性格で
淡々と正論で人を叩きのめす永沢君

卑怯を直したいと言いつつも
根本的なところは直らない藤木

中学になり特にこれといった
魅力がなくなってしまった小杉。

この究極の三人が織りなす
虚しいストーリーは本当に面白い。

③一話一話の完成度

一話一話の内容の濃さと
完成度の高さが半端ないです。

ちびまる子ちゃん初期の頃の
ユーモア、ブラックな良い部分が
全話に発揮されているといっても
過言じゃないほど面白い。

出典:コミック「永沢君」

話のオチや、所々のギャグや
救いようのないブラックな部分が染み出ていて
まあ面白いです。

永沢君ってかなりの名キャラだと再認識できます。

~注意点~ 

①救いようのない世界

正直読んでいて「何とも言えない虚無感」と
「ブラックな笑い」に飲み込まれます笑。

この妙な読後感、後味の悪さは一級品。

もはや注意点ではなく見どころ。その一点。

「永沢君の思春期」を見る勇気がある方なら
この作品に注意点はひとつもないです。
期待してご覧ください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「永沢君」を一言で言うならば

藤木君、君は卑怯だね  

永沢君と藤木の思春期を描いたスピンオフ作品。

もはやこの作品は伝説級のギャグ漫画に認定。
虚無感と笑いに同時に包まれる
究極の読後感を味わってください。


個人的好み度
 85%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント