映画紹介「二ノ国」

この記事は約3分で読めます。



本日の映画紹介は 「二ノ国」です。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

○原作 レベルファイブ
○監督 百瀬義行
○脚本 日野晃博
○音楽 久石譲
○製作 オー・エル・エム
○封切日  2019年8月23日

■あらすじ
 レベルファイブの人気RPG「二ノ国」シリーズを長編アニメーション映画化。
 車椅子生活を送る高校生ユウは、学校でトップクラスの成績を誇る秀才で、バスケ部の人気者ハルと、ハルの彼女コトナとは幼なじみだ。ある日、事件に巻き込まれたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法の世界「二ノ国」に引き込まれ、そこでもうひとりのコトナであるアーシャ姫と出会う。ユウはアーシャにひかれていくが、コトナを救うためにはアーシャの命を奪わなければならないということを知り、2人は究極の選択を迫られる。(映画.comより引用)


~映像・音楽~ 

監督はジブリ作品を支えてきた「百瀬義行」
音楽も同じくジブリと言えばの「久石譲」
そして脚本や製作総指揮は
レベルファイブ取締役の「日野晃博

監督・音楽ともに「ジブリ」陣営色が強く
絵柄や音楽もジブリ”風”の印象は強いです。

元々はレベルファイブ原作のゲーム「二ノ国」の
世界観をアニメ映画として製作された経緯の作品。

~演出・時間~ 
 
上映時間は106分
本来はちょうど良い上映時間なんですが
おそらく大半の方は長く感じるのではないか。
そう・・・長く感じてしまう・・はず。

物語の主軸は二人の主人公と一人のヒロイン。
ひょんなことから「もうひとつの世界」に飛ばされ
その世界には「もう一人のヒロイン」が存在した。

二つの国に存在する「同一で二人のヒロイン」

どちらかの命は相反する運命を持ち合わせ
どちらかのヒロインを救えば
どちらかのヒロインの命が危機に陥る。

そのような危機的状況から始まる
壮大なファンタジーが映画の展開。

~見所ポイント~ 

すみません。
どうしても見所を見つけられない。

~注意点~ 

今回は酷評となります・・。

①全体構成

キャラクターの魅力の低さ
物語の展開力の無さ
バレバレな隠れた敵キャラ
二ノ国の舞台設定の薄さ

挙げきれない程に
平均的に低く寂しい印象が強く
脚本に魅力を感じられなかった。

②主役声優の実力

若手俳優起用の今回の声優陣が

主人公ユウ役を山崎賢人
ハル役を新田真剣佑
コトナ/アーシャ役を永野芽郁

ということなんですが
全員がアニメ声優初挑戦という事で
ここは残念ながら力不足感が強い。

③主人公ライバルポジのハルが・・

個人的にライバルポジの「ハル」
映画作品内でも一番嫌悪感が強く笑
声、性格、物語の関わり・・・
どこをとっても残念で最悪キャラ(汗)

そして物語後半から鎧を着るんですが
この「クソダサアーマー」で心を折られました笑。
↓こんなんです。。。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

全く好きになれないキャラが
この「クソダサアーマー」を着たとき
最強嫌悪キャラが誕生しました笑。

④アニメーション

物語後半の戦闘シーン。
これが驚くほどに迫力が無くて撃沈。
これは本当に盛り上がらないので注意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「二ノ国」を一言で言うならば

「作品評価はオール『』の国⤵」  

物語の展開、アニメーション
声優、キャラクター、映画構成・・・

どれをとっても評価オール””の印象。
2019年アニメ映画ワースト1は間違いない!
 

5つ星評価 2.0

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント