ベタ001「主人公はだいたいかくされた力を持っている」

この記事は約2分で読めます。


【ベタ解説】

少年マンガの主人公の「王道」と言えば
やはり「隠された力」「パワーアップ」
「種族・末裔」など・・・

物語中盤以降で明かされる衝撃の事実は・・
もはやテンプレか。

もちろんそんな「王道」を外すような作品もあるが
主人公の秘密が発覚して、展開や物語性が
突き進んでいく様子は少年マンガには欠かせない
「ベタ」なのだと思うのです。


【ベタ模範解答】

 敵の強烈な打撃を受けて主人公は一直線に飛ばされた。背後にそびえ立つ岩盤に全身を打ち付けられ・・薄れゆく意識。そんな状況下で主人公は村に残していった子供たちの姿を脳裏に浮かべていた。

<敵> 
「そろそろ諦めたらどうだ?」
「何もそこまでお前があの村を守り切る理由も無いだろう?」


<主人公>
「へへへ・・そう言われてみると・・・なんで・・かな・・」
「村の子供たちと・・・やく・・・そく・・した・・からかな・・」


 近づいてくる敵の姿を目に追いながらも、意識が薄れゆく主人公の目は閉じようとしていた。すると・・どこからか声が・・体の内側から閃光が迸った。閃光が消え・・そこに立ち上がっていた主人公の姿は・・狂気を纏った風貌をしている。

<???>
「人間の体ってぇのはぁ・・ここまで脆いもんなんだなぁぁ」
「悪いが主人公・・ちぃっとお前の体借りるぜぇ。俺も死にたくないんでぇ」

<敵>
「?!?!」
「なんだこれは?お前は・・一体!?主人公の意識ではなさそうだがっ・・」


<???>
「お前には何の恨みもねぇが・・。俺もここで死ぬわけにはいかねぇ」
「悪いが久々の戦闘なんでぇ、加減がわからないままいかせてもらうっ!」

To Be Continued
~マンガのベタ001「主人公はだいたいかくされた力を持っている」~

('ω')「マンガのベタ一覧はこちら」('ω')

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント