ベタ015「追いつめられたラスボスはだいたい理想きょうを語る」

この記事は約2分で読めます。


【ベタ解説】

ラスボスを追いつめる主人公。
追いつめられたラスボスは
最後の「目的」を話し出す・・。

ラスボスの「目的」はそれぞれだけど
「理想郷」や「完全な世界」などは
かなりの作品でラスボスが語る共通事項。


【ベタ模範解答】

 ラスボスの幹部4名を次々と倒していった主人公一味。仲間の応援によって進むことができた主人公は、研究室最奥の一室にラスボスを追い詰め一騎打ちの状況。追いつめられたラスボスであったが、主人公に対し自身の目的をゆっくり語りだす・・。

<ラスボス> 
「幹部も倒されましたか。データ反応が無い。」
「この部屋まで来た人間は初めてです。称賛です。ただもう手遅れなのです。」

<主人公>
「村の人の意識はなぜ戻らない!?」
「お前・・何の目的でここまでの事を・・」

<ラスボス>
「完全世界です。」
「これから私はこの不可侵装置のマザーデータに”記憶”のデータを取り込みます。」

「ただしです。この装置に取り込むのは選ばれし有能者だけですが・・」
「記憶データという”完全”で描かれる世界。現実世界は今日で終わりなのです。」
<主人公>
「お前がどうして”選ぶ”側になれるんだ!?」
「”有能”ってなんだ?答えてみろよっ!?」


<ラスボス>
「神に”理由”はないのです。」
「神だけは”結果”から創造するものなのです。」

<主人公>
「答えにっ!!なってねぇよぉぉ!!」

To Be Continued
~マンガのベタ015「追いつめられたラスボスはだいたい理想きょうを語る」~

('ω')「マンガのベタ一覧はこちら」('ω')

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント