マンガ紹介「ピコピコ少年」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「ピコピコ少年」です。

○作者 押切蓮介
○出版社 太田出版
○掲載誌 CONTINUE
○発表期間 2007-2009
○巻数 全1巻

■あらすじ
あの頃はゲームがなければ、死んでいたかもしれない。この作品は、僕が学業を犠牲にして得た結晶です。(コミック帯より引用)

~ジャンル分類~ 
ゲーム熱中時代回想漫画

~要素方程式~ 
 [ゲーム]×[回想]×[少年]
=[懐かしさ]×[ネガティブ]

時代背景はアーケードゲーム時代から
PCエンジン、後にファミコン等・・・

いわゆる1980年代、2020年現在で30代の人に
ドンピシャな時代背景の中で、その時代を生きた
作者の実体験を元にした回想ストーリー。

出典:コミック「ピコピコ少年」

思春期時代をすべてゲームに費やした少年の物語。

そんな少し根暗で少し魅力的な
ゲーム日常を面白切なく描いていく。

個人的に自分は若干世代ではないんですが
ファミコン好きではあるので
ここで扱われる内容、時代背景が魅力的で

この作品を読んだきっかけも
「ゲーム」「駄菓子屋」のキーワードから
興味を持って手を出しました。。

~見所ポイント~ 

①アーケードゲーム世代

まずはこのアーケードゲーム時代の
作者自身の実体験が組み込まれた
非常に狭い範囲で細かい描写に驚かされ
その頃の世代の人は懐かしさに唸るはず。

出典:コミック「ピコピコ少年」

ファミコンに関しては
いっき」とか「カラテカ」とかいう
ワードに過剰反応してしまい笑

こういう所は本当に人それぞれに
唸るポイントがあるのかもしれない。

時代背景としては
中学、高校、社会人と進んでいくので
ゲームボーイ等、20代の方にも
ゆかりのある話があるので注目です。

②作者独特の根暗スタイル

基本的に、思春期をゲームに費やした
ピコピコ少年(作者)はネガティブ思考で
それでも楽しそうに日常生活を送る姿は
見ていて爽快。非常に読み心地が良い。

出典:コミック「ピコピコ少年」

ゲームにおける癇癪(かんしゃく)は
人を変えてしまう話とか笑

逃げるときはBダッシュを意識すると
とんでもない身体能力を発揮とか笑

出典:コミック「ピコピコ少年」

ゲームに関する話が次々と登場してくるので
そのネタの引き出しの多さには驚くばかり。

③ザ・ゲーム世代の人へ捧ぐ

やはりゲーム等の描写はすごい。

出典:コミック「ピコピコ少年」

ここはもう知らない人にはそこまでだし
知っている人には心踊る内容だと思うし分かれ道。

自分はアーケードゲームは知らない世代ですが
ファミコンの話とかPCゲーム当たりには
にんまりと楽しめる内容でした。

~注意点~ 

①世代による違い

2020年現在、30代ぐらいが
この作品時代背景を楽しめる許容範囲か。

特に30代後半の人には
この内容を楽しめるドンピシャ世代かも。

それでも、仮に時代背景がわからなくとも
単純に作者のユーモラスな日常の切り取り方や
独特な表現が魅力的なので
そこはちょっとした注意点でしかならないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ピコピコ少年」を一言で言うならば

あの頃を生きたゲーマーへ捧ぐ  

思春期時代のすべてをゲームに注いだ少年も
やがて成長して大人になり
「あの時代」を懐かしく思う時がやってくる。

その「懐かしさ」は、ゲーム以外でも
誰にでもやって来る大切な感情。

今回はその題材が「ゲーム」であり
同じ時代を生きた人達にとって
この「懐かしさ」という要素は
それだけで非常に魅力的な題材になるはず。

それに加え作者独特な根暗で
ユーモラスな切り口とセリフは素晴らしく
作品自体の完成度も高く飽きることがなく
とても面白くおススメできる作品です。


個人的好み度
 75%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント