マンガ紹介「イエスタデイをうたって」

この記事は約5分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「イエスタデイをうたって」です。

○作者 冬目景
○出版社 集英社
○掲載誌 ビジネスジャンプ/グランドジャンプ
○発表期間 1998-2015
○巻数 全11巻

■あらすじ
 大学を卒業したものの職に就くことなく、フリーターとして特に目標もないまま過ごしているリクオ。そんなある日、カラスを連れた黒ずくめの少女・ハルが現れる。彼女の破天荒な振る舞いに戸惑う中、リクオはかつての想い人・榀子が東京に戻ってきたことを知る。(wikipedia引用)  

~ジャンル分類~ 
モラトリアム恋愛日常漫画

~要素方程式~ 
 [前向き]×[後向き]×[恋愛]
=[モラトリアム]×[三角関係]

物語の大筋は、大学卒業後に
フリーターとして働くリクオ

ある日カラスを連れて登場する
ミステリアスな少女ハル

一度告白をして振られて以降
友達以上恋人未満の関係の榀子との

のんびりとした
三角関係(いや五~六角関係?)
を描く恋愛日常です。

出典:コミック「イエスタデイをうたって」第1巻

リクオは榀子が好きで
ハルはリクオが好きで
榀子
は過去に好きだった
幼馴染を無くし恋愛に後ろ向き。

そんな上手くいかない
いや、なかなか進まない三角関係を主軸に

主軸にも絡むサブキャラクター達を交えて
日常、恋愛、夢、青春、仕事などなど
モラトリアムたっぷりで描かれる恋愛劇です。

ちなみにタイトルの意味は
忌野清志郎が率いたロックバンドの
RCサクセションの曲から(wikipediaより)

~見所ポイント~ 

①不思議な少女ハル

物語冒頭、コンビニで働くリクオの前に
突如現れた不思議な少女ハル。

彼女はカラスをペットとして飼う
ミステリアスな雰囲気を持つ一人目のヒロイン。

ハルとリクオは実は過去に1回出会っていて
その出会いのきっかけも物語途中でわかることに。

出典:コミック「イエスタデイをうたって」第5巻

ハルはリクオに好意を持っていて
リクオの榀子への想いを知りながらも
逆転を狙って健気にアピールしていきます。

普段はミステリアスで感情を隠し
少しとぼけた性格ですが

涙スイッチが入ると感情を表に出し
恋愛に対しては健気で尽くすタイプ。

まずはこのハルちゃんの魅力が抜群。

②過去を引きずる榀子

化学の高校教師をしている榀子は
リクオの告白を断るも
それでもリクオとの関係は崩さない
不思議な関係が続く二人目のヒロイン。

幼いころに好きだった幼馴染の湧を
亡くしたことをきっかけに
恋愛に対して積極的になれず
極端に恋愛反応が薄い特徴を持つ。

出典:コミック「イエスタデイをうたって」第3巻

それでも少しずつですがリクオとの
友達以上恋人未満の状況が続く中で
少しだけ本当に少しだけですが
恋愛に対して一歩ずつ前進していきます。

この榀子さんは正直結構ですね・・
物議
を醸しそうなヒロインでして笑

リクオもリクオなら榀子も榀子のように
(読んだ方しかわからない表現ですが汗)

まあこの二人の進展を気を長くして
ゆっくり見守れるかが評価の分かれ道です。

個人的には恋愛作品史上でも
稀に見る恋愛鈍足天然ヒロインに認定。

③3歩進んで2歩下がる

この作品の一番の魅力はたぶん
「進行の遅さ」なんでしょう。

この時点でここが良さと取るか悪さと取るかで
評価はぱっくりと二分してしまうんですが汗

とにかくこの作品は主人公や登場人物
その他もろもろ含めて恋愛進展がゆっくり。

リクオ
は榀子に対して想いは寄せているけど
なんだかんだハルの存在にも揺れ

ハル
はリクオに対して積極的にアピールするも
するすると叶わず次第に失速し

榀子
は過去を引きずるあまり
誰に対しても明確な答えを出せそうにない。

こんな三角関係は、きっと作品評価として・・

[純愛][片想い][急展開][失恋][惜別][ハーレム],etc…

どの恋愛ジャンルにも当てはまらず
この作品がどこに向かっていくか悩んでしまう。

出典:コミック「イエスタデイをうたって」第7巻

でも自分はそれが良いなぁって思ってしまいます。

みんなそうなんじゃないでしょうか。

劇的な告白とか、運命の出会いとか
そういう「わかりやすい」展開ではなく

長々と悩んだり、告白できなかったり
時には考えるのを止めて過ごしたり
それが数年経ったりすることは変じゃない。
むしろそっちの方が現実的だったり。

この作品が目立つのは
そういう漫画的な展開をわざとすり抜けるように
本当にマイペースにシーンを切り取ることも無く
堂々と漫画内にずっしりと登場させる。

この読み応えが心地よい。
この作品の世界観にどっぷりとハマってしまう。

~注意点~ 

①足掛け18年の長々ストーリー

足掛け18年と言っても全11巻。

そう、不定期連載で年々刊行ペースが落ちて
いつ終わるのかと巷で騒がれていた本作品笑。

確か自分が大学生時代
舞台背景や題材内容がドストライクで
読み始めたのが当時で5,6巻くらい。

それから新刊を望んでも出てくるのは1~2年と
かつての魔方陣グルグル連載ペースを彷彿させる。

そして、こののんびりとした
刊行ペースと物語も重なるようにのんびりで

勇気出してみたり
悩んでみたり
何もしなかったりと

この「進行の遅さ」というものが
先に挙げたこの作品評価の分かれ道の
良さでもあり悪さでもあります。

漫画的な抑揚が本当に排除されていて
職人芸のように平らに削られているんですよねぇ。
連載という枠で考えるとかなり異例な進行劇。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「イエスタデイをうたって」
 を一言で言うならば

49%後向きで51%前向き

この作品の第1巻コミックス裏のあらすじに
このワードがサラッと書かれているんですが
このキャッチコピーが素晴らしく
読んだ後は本当に的を得ていて納得の一言。

自分もその通りと感じています。

誰だっていつも前向きじゃあないし
ずっと後ろ向きなわけでもない。

少し進んで少し下がって
それでも最後は「ちょっと」だけ前進がある。

そんな「漫画らしからぬ」
進展の遅さと展開への不安を

「何も進まない」と飽きてしまうか
「少しだけ進んだ」と長い目で楽しむか。

そして最終話も作者のそういう姿勢を
連載枠のなかで突きとおしたからこそのあの展開。

自分はもうなんだかこの「進まなさ」が
自分の恋愛観や性格にドンピシャで
この作品の世界観に魅せられてしまいました。

現時点、恋愛漫画史上最も好きな作品です。 


個人的好み度
 93%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント