マンガ紹介「うどんの女」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「うどんの女」です。

○作者 えすとえむ
○出版社 祥伝社
○掲載誌 Feelコミックス
○発表期間 2011年
○巻数 全1巻

■あらすじ
 年齢のわりにはなかなかいいラインを保っている――と鏡を見て自己評価する食堂のおばちゃん(?)村田チカと美大生・木野はお互いが気になる存在。 きっかけが掴めないふたりに、チカの元ダンナで講師の田中まで絡んで来て…。35歳バツイチ女×21歳草食美大生の真剣恋愛!  

~ジャンル分類~ 
うどん介在恋愛漫画

~要素方程式~ 
 [うどん]×[バツイチ女]×[学生]
=[変]×[恋]+[珍名言]

油絵科の男子学生(21)と
その学食のおばちゃん(35)の恋愛模様。

二人をつなげたものは
味よし、量よし94円のうどんである。

出典:コミック「うどんの女」

なんとも不思議で妙な設定の本作品。

どことなくユーモラスな切り口と
独特の間が魅力的な物語。

~見所ポイント~ 

①うどんが介在する恋愛模様

タイトルにもある通り
この漫画の恋愛模様を司るのは
何を隠そう「うどん」であって
うどんで始まりうどんで終わる。

恋に落ちるのは
油絵科の男子学生(21)と
給仕のおばちゃん(35)で

「うどん」を通して些細な勘違い
妄想から恋が展開する部分が妙に面白い。

出典:コミック「うどんの女」
出典:コミック「うどんの女」

この不思議な展開とユーモラスな切り口が
まずは見所で、読み進めるほどに心動かされます。

②男女間の思考回路

うどんを介在した恋愛物語というだけで
非常に奇抜で面白いんですが

この男子学生と給仕のおばちゃんの
思考回路というか、妙なずれが面白い。

男は男で

給仕のおばちゃんの下着の色について想像したり

出典:コミック「うどんの女」

女は女で
男子学生とのラブロマンスを妄想しちゃったり

出典:コミック「うどんの女」

男が現実的な要素を浮かべるのに対して
女が妄想的な要素を浮かべることだったり

何だか「男女間のずれ」っていう部分も
ちゃんとしっかりと描かれていて

このうどんを介在する物語の
不思議さに魅力を倍増させている。

③ユーモラス

うどんを介在させた恋愛漫画・・
ってだけで「妙」ですが

それに負けない
ユーモラスな切り口やセリフはすごい。

出典:コミック「うどんの女」

俺はうどんに若干の性的興奮を覚えるようになってしまいました

このセリフは、漫画史に残るであろう
珍セリフ」に認定します笑。

~注意点~ 

①淡白で味気ない 

描かれる恋愛模様や物語の展開は
非常に淡白で味気ない。

まさに94円の素うどんを食べているような
淡白な印象です。

そして絶妙な間とか見た事のないセリフとか
斜め上な所を突っ走っているので少しだけ新しい。

この「少しだけ新しい」って部分を
楽しめる人っていうのは
数多な漫画作品を読みこんできた人だけが
楽しめる狭い範囲であって

一般的な普通のマンガ読者に面白いかと言うと
どうなんだろうか。(自分も含めてですが・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「うどんの女」を一言で言うならば

素うどんのような恋愛話
  

うどんを介在した恋愛物語という
妙で少し傾いている本作品。

男子学生が「カレーが好きです」と
発言したときは自分も驚きましたが笑

そんなどうでもいいような
どうでもなくないような
なんとも言えない雰囲気と
ユーモアを兼ね備えた作品です。

「面白いか」と言われれば「面白い」し
「面白くないか」と言われれば「面白くない」し

まあ「変わった漫画」である事は間違いない。


個人的好み度
 67%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント