マンガ紹介「武士沢レシーブ」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「武士沢レシーブ」です。

○作者 うすた京介
○出版社 集英社
○掲載誌 週刊少年ジャンプ
○発表期間 1999年18号 – 1999年40号
○巻数 全2巻  話数 20話

■あらすじ
 牛乳学園ヒーロー部・国本ちはるの前に現れた、謎のヒーロー・武士沢光沢!(自称・ヘルメット武士沢)廃部寸前のヒーロー部に武士沢を勧誘するちはるは!? 世の乱れを願いつつ(!?)平和を祈る、愛すべきヒーロー登場!!    

~ジャンル分類~ 
学園ギャグコメディ漫画

~要素方程式~ 
[学園]×[武士沢]×[ギャグ]
=[漫画史に残る衝撃ラスト]

「セクシーコマンドー外伝すごいよ!マサルさん」
で有名なシュールギャグ漫画家「うすた京介」の
学園ものギャグコメディ。それが武士沢レシーブ。

年代的にはマサルさんの次作品になりますが
どちらかと言うと、マサルさん色ではなく
一般的なギャグ作品に近いかもしれない。
いや、一般的ではないか・・うん・・ないな笑。

内容は完全シュールギャグ漫画であって
一応学園物の設定です。(最初だけ・・)

出典:文庫版「武士沢レシーブ」

画風はかなりラフな感じですが
うすた京介作品歴の中で考えてみると
一番アクションシーンが多い印象で
少し画力を感じるかもしれない。

~見所ポイント~ 

①うすた節炸裂の痛烈ギャグ

すでに作者「うすた京介」さんのファンの方なら
絶対楽しめる作品だと思います。読みやすいし。

出典:文庫版「武士沢レシーブ」
出典:文庫版「武士沢レシーブ」

武士沢ブレードの強さの秘密が明かされる!!
・・・ん?・・・ただ殴ってるだけって笑。

ギャグ漫画でありながら・・
後半は結構シリアスな物語が展開され

異質な感じもありますが
「チクサクコール」という短編集の中でも
ストーリー重視の読みきりもあるので

うすた京介先生作品の
別な一面も垣間見えることができます!

②衝撃的なラストシーン!

この漫画、20話で打ち切りになったらしく笑。

最終話の終わり方は
この漫画の一番の見所です笑。

どんなラストだったかは見るっきゃない!
とにかくすごい、いや・・・ひどい笑。

出典:文庫版「武士沢レシーブ」

この次のページから衝撃のラストが始まる!!
さすがうすた京介先生!万歳笑!

そしてもっと面白いのは
打ち切りを知らされたうすた京介が
怒涛のラストを描き上げた後に
実力以上の奇跡」との発言には笑いましたww

あのラストが実力以上って。。
でもある意味そうかもしれない・・。
うすた色バリバリのラストで必見です。

~注意点~ 

①作者作品内では・・・

作者作品内ではあまり面白いと思えないかも。

どこか一般的というかキレがない印象があった。
あくまで作者作品内ではです・・・。

それでも作者「うすた京介」を知らないのなら
ギャグを見て度肝を抜かれること間違いなしです。
是非読んで欲しい作品です。量も多くないですし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「武士沢レシーブ」を一言で言うならば

「タイトルはなぜレシーブ!? 

いや・・実はこの「武士沢レシーブ」
というタイトル、なんにも関係ないです笑。

物語中バレー部で練習の邪魔をしているとき
必殺技として武士沢レシーブを披露しましたが
すぐに「飽きた」と言い放ち・・・
それ以来バレーはなんにも出てきません。

ある意味この武士沢レシーブという
タイトルの適当さが本作品を象徴している笑。 


個人的好み度
 67%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント