マンガ紹介「ひかりのまち」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「ひかりのまち」です。

○作者 浅野いにお
○出版社 小学館
○掲載誌 月刊サンデーGX
○発表期間 2004-2005
○巻数 全1巻

■あらすじ
新興住宅地、通称「ひかりのまち」で起きる
日常の中の非日常。連鎖するストーリー。   

~ジャンル分類~ 
不思議日常漫画

~要素方程式~ 
 [日常]×[不思議]×[住宅地]
=[人間ドラマ]×[モヤモヤ]

この作品は「ひかりのまち」と呼ばれる
普通の住宅街で起きる、ちょっと不思議な物語。

登場するキャラクター達が同じ舞台で
それぞれのドラマが交錯して描かれていく。

出典:コミック「ひかりのまち」

浅野いにお氏の
リアル描写と斜情的なセンスは健在。

舞台は、普通の住宅街。
リアルすぎる描写に不思議な出来事。

これが「ひかりのまち」の一番の魅力。
いや、浅野いにお作品の魅力なんだろう。

~見所ポイント~ 

①不思議な登場キャラたち

・売れない漫画家
・自殺幇助を請け負う小学生
・その友人の女の子

・その友人の女の子を
昔襲ったおでこにあざがある男
・輪廻転生に悩む幼稚園生
・大人になる境目の女子高生


様々な登場人物達が登場し
不思議な物語が語られていく。

出典:コミック「ひかりのまち」

見所はそういった「空気感」や「不思議感」にある。
これはちょっと伝えづらい・・。
浅野いにおの世界観には驚かされると思う。

②完成されつつある作者の画風

「素晴らしい世界」の次作品として
すでに画風は固まってきていて
ものすごく画力には力を感じる。

出典:コミック「ひかりのまち」

何気ない住宅地のカットを見てみても
CG技術を駆使したこの圧倒的な描写力は見所。

浅野いにお節の
超現実的描写はこの作品で見ることができる。

③きつねのお面だぁぁ!!

実は作者「浅野いにお」さんは
つげ義春さんの 「ねじ式」に影響を受けて
漫画家になったと言います。

そういう点では実は物語終盤
この「ねじ式」に出てくる
「きつねのお面をかぶった運転手」に
似た雰囲気のシーンが出てきます。

これが「ねじ式」に通ずるシーンか
真相は定かではないんですが
物語に出てくるきつねのお面はまさに。

出典:コミック「ひかりのまち」

これはもう意識しているシーンでしたね。
なんだか個人的に感動した場面笑。

~注意点~ 

①何がいいたいのか・・・ 

これは作者のセンスに言える事で
この作品の注意点ではないのですが

「すべてを説明しない」「雰囲気で押し通す」
のような、結局「何が言いたいのか」と・・
言いたくなる人が少しはいるんじゃないかと。

これは好き嫌いなんでね。
読んで感じてみるしかわかりません。

②浅野作品内では特に毒が少ない

浅野ファンからすると
作者独特の「毒」のようなものは
非常に少なかった作品なんじゃないかと思います。

ただストーリーや画力は
もう出来上がっているので
作品の面白さには違いありません。オススメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ひかりのまち」を一言で言うならば

新興住宅地の少し不思議な物語  

浅野いにおさんが描きたい世界観。
それが非常に感じ取れる作品だと思います。

浅野いにお節の中でも
作者センスがきれいにまとまっている作品です。


個人的好み度
 65%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント