マンガ紹介「熱いぜ天馬!」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「熱いぜ天馬!」です。

○作者 福本伸行
○出版社 講談社
○掲載誌 週刊少年マガジン
○発表期間 1990年
○話数 全6話

■あらすじ
 中学二年の赤井天馬は、中学生ながらも、雀荘の代打ちや店の手伝いをしていた。天馬は何より麻雀好きで、そしてとても強かった。ある日天馬は、賭け麻雀で負けた友人から、お金を取り返してくれるよう頼まれてしまう。天馬は、西高のツッパリ連中たちと、マージャン勝負をすることになった。

~ジャンル分類~ 
一話完結麻雀漫画 

~要素方程式~ 
[麻雀]+[中学生]+[一話完結]
=[福本]×[アッサリ味]


代表作「アカギ」や「カイジ
で有名な福本伸行先生の
初期作品でジャンルは麻雀漫画です。

内容は一話完結型。
主人公「天馬」が大きな敵と次々に
麻雀で勝利していくのが基本な筋道。

出典:コミック「熱いぜ天馬!」

特別何か光るものがなくタイトルも内容も
熱いぜ辺ちゃん」にそっくりです。
「熱いぜ」が二作品もあるって・・・何故?笑。

~見所ポイント~ 

①一話完結型

あらすじは、最初の第一話のものです。

基本的に全6話でひとつずつの話で
すべてが麻雀勝負です。

そこまで心理描写やキャラ立ちはないですが
熱いぜ辺ちゃんに比べると勝負要素が濃いです。

福本節とも言えるか、
イカサマ、イカサマ返しのテクニック描写も
この時期ですでに垣間見えます。

出典:コミック「熱いぜ天馬!」
出典:コミック「熱いぜ天馬!」

まあサクっと読めるし、内容も簡単です。
勝負要素が強く、麻雀の描写も色濃いので
麻雀に関しては楽しんで見れると思います。

②初期作品

福本先生の作品紹介で
初期作品」と多く言ってる気がしますが笑
この作品は、画風も、時期も、構成も
本当に古い感じがします笑。というか古い!

出典:コミック「熱いぜ天馬!」

ほぼ「天」と同時期に掲載されていたのを考えると
福本先生作品歴で「麻雀」を取り扱ったのは、
「熱いぜ天馬」と「天」が元祖に近いかも!?

そういった意味では見どころです。

また本作品でも、人生苦や葛藤など
メッセージ性」を秘めたシーンもあるので
福本先生のメッセージ力の魅力が
にじみ出てきた境目の作品の印象です。

例えば私立と公立の中学校で
通る道が違うとか笑、すごくわかりやすい
というかわかりやすすぎる笑、葛藤、劣等感
そういう「メッセージ性」が現れています。

ちょっと単純すぎだけど笑。

出典:コミック「熱いぜ天馬!」
出典:コミック「熱いぜ天馬!」

「作者の初期作品」として見るならば
「天」と同じく見どころはある作品だと思います。

福本先生のファンじゃなかったら?知りません笑。

~注意点~ 

①初期ならではの・・・ 

福本先生初期作品の今となっては貴重な
ハートフル」な面が残っていて
勝負要素が強いものの
なんだか中途半端な印象が否めません。

また、タイトルも内容も似ている
「熱いぜ辺ちゃん」に比べると
面白さは天と地に感じてしまいます。

「熱いぜ辺ちゃん」の方が面白いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「熱いぜ天馬!」を一言で言うならば

福本麻雀元祖的作品!?  

これを見るなら「熱いぜ辺ちゃん」
を見た方が楽しめるかも・・。

また初期作品は客観的に
みるとかなりきついですね。退屈です。

「福本伸行」先生の作品の観点以外は
お勧めできる作品ではないかもしれない。


個人的好み度
 33%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)



コミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
約9000作品の無料読み放題コーナーも充実!
電子書籍で購入なら《ebookjapan》がおススメ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント