映画紹介「どうにかなる日々」

この記事は約6分で読めます。


本日の映画紹介は 「どうにかなる日々」です。

出典:アニメ公式サイト引用(画像リンク)

○原作 志村貴子
○監督 佐藤卓哉
○キャラデザ 佐川遥
○音楽 クリープハイプ
○製作 ライデンフィルム京都スタジオ
○封切日 2020年10月23日(5月8日公開延期) 

■あらすじ
 青春群像劇の名手・志村貴子(「放浪息子」「青い花」)による、様々な恋模様を淡く繊細に描いたオムニバス漫画「どうにかなる日々」を、詩的な映像・音楽演出に定評のある佐藤卓哉監督(「あさがおと加瀬さん。」)がアニメ化。(アニメ公式HP引用)


「敷居の住人」「放浪息子」など代表作を描く
志村貴子先生の恋愛オムニバス漫画のアニメ化。

元カノが同じ女性二人の出会い
AV出演の従姉の年上お姉さんと少年
男子校の生徒と先生のBL


様々なカタチで描かれる恋模様と性。
それでも時間は進む。どうにかなる日々。

~映像・音楽~ 

監督は「佐藤卓哉」

TV・映画アニメを多く手掛け
絵コンテ、演習、脚本など多彩な経験を
持たれているアニメ監督。

2018年「あさがおと加瀬さん。」の総指揮。
2019年「フラグタイム」の監督・脚本。

どちらも「百合」などの作品を手掛ける監督で
本作も多彩な「性」を扱う面で期待ができる。

音楽は「クリープハイプ」

音楽・主題歌がクリープハイプさんという
なかなかにいいところをついてきなぁと
作品世界観にも違和感なくここはイチオシ。

主題歌「モノマネ」も最高でした。

~演出・時間~ 
 
上映時間は54分

恋愛オムニバス漫画が原作ということで
本作品では4つのエピソードが描かれます。

「えっちゃんとあやさん」 百合
同じ元カノを持つ二人の女性

「澤先生と矢ヶ崎くん」 BL
男子校の先生と生徒

「しんちゃんと小夜子」 年上お姉さん
「みかちゃんとしんちゃん」 幼馴染
幼馴染の彼女を持ち
AV出演の従姉の年上お姉さんが居候
多感な時期に心動く小学5年生の少年

多様な「性」と多感な「心情」が
原作の繊細で独特な雰囲気はアニメでも健在。

~見所ポイント~ 

①原作雰囲気リスペクト

原作自体が珠玉の恋愛オムニバスで
アニメ映画としても冒険はしていなく
原作の良いところを綺麗に描いていたと思う。

②声優陣の豪華さ

原作自体は短編で動きも少なく
そうなるとアニメでは「声優」
結構重要な役割を占めると思うなか

本作品はどのエピソードの声優さんも
個人的には違和感なく素敵な聴き心地でした。

声優の実力も有名な方から若手の方まで
もれなく高い演技力だった印象でした。
(以下wikipediaより引用)

えっちゃん:花澤香菜
あやさん:小松未可子
澤先生:櫻井孝宏
矢ヶ崎くん:山下誠一郎
しんちゃん:木戸衣吹
みかちゃん:石原夏織
小夜子:ファイルーズあい
百合:早見沙織


木戸衣吹さんって知らない方でしたが
本作では二つのエピソードに登場する
小学5年・中学2年のしんちゃんを演じていて
すごく繊細な演技だったので注目です。

~注意点~ 

①多彩な「性」の恋愛オムニバス

本作の多彩な「」の描き方は
普通の恋模様ではないので注意です。

百合、BL、AV出演の従姉の年上お姉さんなど
なかなかその世界観は独特で一般向けではなく
原作雰囲気を知ったうえでの鑑賞が良いかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どうにかなる日々」を一言で言うならば

Happy Go Lucky Days  

Happy Go Lucky Days
直訳で「どうにかなる日々」になるのかは
ちょっと英語力がないので不明ですが笑

4つのエピソードそれぞれに
[Happy] [Go] [Lucky] [Days]
割り当てられるそのセンスが素敵で

多種多様な「性」を描きながら
ゆっくりと時間が進む作品雰囲気は
休日の朝に鑑賞したくなるような映画。

5つ星評価 3.8

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント