映画紹介「ジオラマボーイ パノラマガール」

この記事は約6分で読めます。


本日の映画紹介は
「ジオラマボーイ パノラマガール」です。

出典:映画公式サイト引用(画像リンク)

○原作 岡崎京子
○監督・脚本 瀬田なつき  
○音楽 山口元輝
○製作 オフィス・シロウズ
○封切日 2020年11月6日 

■あらすじ
 東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか。友だちや家族や自分、悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った、恋と成長の物語。(映画公式サイト引用)


岡崎京子原作の1988年漫画による
実写映画化作品。

話の大筋は
運命の恋に心躍らせるハルコ
高校をやめて衝動的な行動を取るケンイチ

二人の高校生男女の出会いを描く
ボーイ・ミーツ・ガール作品。

岡崎京子さん独特な「性」や「俯瞰的」な
視点をどのように実写で表現されるかが
原作ファンとしては気になる点です。

~映像・音楽~ 

監督は「瀬田 なつき」
過去作品では
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
「PARKS パークス」などが挙げられる。
 
音楽は「山口元輝」
バンド・相対性理論のドラマー。

劇中ではBGMが無いシーンも多いですが
作品世界観に沿った音楽だったり
明るめでポップなエンドロール音楽は好き。

~演出・時間~ 
 
上映時間は105分

1988年掲載の原作漫画は

岡崎京子さんの「性」の描き方や
漠然とした「世界」への不安や不足感とか
支離滅裂な物語の「分解」や収束だったり

やはり岡崎京子さんの「作家性」を
どのように実写化していくかが注目点ですが

本作は時代設定を現代にしている点
また原作とも違う点を多く用意していて
原作のストーリー再現寄りではない印象だった。

~見所ポイント~ 

色々語りたいところがあって・・。
ちょっと長文かもしれません。すみません。

①変な恋愛映画

一言で言えば「変な恋愛映画」
これが見所なのかというのも疑問ですが汗
岡崎京子さんの原作漫画は曲者なので。

そのなかで本作品はボーイ・ミーツ・ガール。
はたから見ると「男女青春物」に見えますが
本作においては別物だと思った方がよいです。

②ハルコ役の山田杏奈さん

時代設定は現代に変えていますが
本作主人公の女子高生ハルコは
どこか古臭くダサい感じが残っていて

その雰囲気に乗っかる山田杏奈さん
演技やその雰囲気はすごく共感できたし
素直に良かったなぁと太鼓判。
特に表情の豊かさは魅力的で引き込まれた。

ネタバレ防止で詳細は語りませんが
終盤のハルコが早朝の街を歩く
余白たっぷりのシーンに関しては
原作テーマの根本を表現した名シーン

朝帰りで顔色悪く体調悪そうな
ものすごい顔して歩く山田杏奈さん笑。

原作漫画における
「主観」から「客観」に戻ってしまう
ハルコの心情を「俯瞰」して感じる数十秒

あのシーンの「余白感」は個人的にイチオシ。

③明るさと薄さ

原作漫画のリスペクトを再現するなら

「恋愛」のあっけなさとか
「世界」への退廃的で俯瞰的な視点
「性」の衝動だったり冷め方とか

その部分が気になるところなんですが
岡崎京子さんの「退廃的」なその視点を
本作品では「明るさ」「薄さ」
意識的に表現していたのかなぁと感じます。

衝動的で運命的な部分を「明るさ」
退廃的で俯瞰的な部分を「薄さ」

そんな風な視点でハルコに注目すると

恋に夢中で心躍らせる場面では
煌びやかな東京、派手な服装、青春など
「明るさ」の目立つ演出だっと思う。

それと対比されるように
いや大げさに言えば「それ以外」の場面は
どこか色が落ちて「薄い」演出が目立っていて

特に劇中では退廃的な一面を
「明るいけど色が薄い」という点で
「早朝」にフォーカスして演出していて
ここに関してはすごく世界観に入り込める。

「早朝」「朝帰り」など
盛り上がりから覚めるその一瞬という
あの「高揚」「消沈」が入り混じる
なんとも言えない「退廃的」な瞬間は良い。

~注意点~ 

①原作との対比について

本作が「原作寄り」か「原作寄りでない」
のどちらかと言えば後者の印象でしたが
監督の真意がどうかは実際のところわからない。

ただ、

時代設定を現代に変え
原作の退廃的、衝動的な面は継承し

ただのボーイ・ミーツ・ガールではない
独特な雰囲気を描いている本作品は
どこか振り切れない「中途半端さ」を感じて

個人的には「原作ファン」としても
「単一の映画作品」と見たとしても
「不思議で変な恋愛映画」という印象。

だから正直どの層にもそこまで
おススメできない映画作品かなと思う。

②岡崎京子作品として

岡崎京子さんの原作漫画の要素で
先に記載したものをまた挙げるとすると

要素

:「恋愛」のあっけなさ
:「退廃的」で俯瞰的な世間への視点
:「」の衝動だったり冷め方

上記でどの部分を映像作品として
より強めて表現していくかと考えたとき

に関しては時代設定を現代に変え
原作ストーリーの重要部分を継承するものの
その世界観は「変な恋愛映画」止まりな印象。

に関しては見所でもあげた「明るさ」「薄さ」
など、その部分の表現方法は素敵に感じるも
作者特有の世界観は実写では浮いていた印象。

に関してはそもそもPG12設定で
刺激的な性場面はカットされているので
2と掛け合わせられなかった無念もある。

上記踏まえるとやはり「中途半端」で
客観的に見ても「変な恋愛映画」止まり。
世間評価もあまり上がらない気がしてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ジオラマボーイ パノラマガール」
 を一言で言うならば

変な青春恋愛映画  

岡崎京子さん原作漫画の雰囲気は
なかなかに実写では難しいと思う。

それは「恋愛」「退廃的」「性」など
どの部分もマンガ的な「キャッチー」さや
「余白」をコマ割りで表現する手腕を

実写化で表現する際の「壁」があるからかと。

そこが「難しい」ということは、逆に言えば
原作漫画は絶妙で神がかりな「表現」とも言え
やはり原作ファンとしては実写化には違和感。

それでもその原作雰囲気を
「明るさや薄さ」と「早朝」などで描く手腕は
個人的には良かったし好きな演出でした。
終盤の早朝でハルコが歩くシーンは秀逸。

原作ファンとしても、単一映画としても
なかなか本作品はきっと「変な恋愛映画」だけど

深夜のレイトショーか早朝に鑑賞した後
物思いにふけて余韻を楽しむには良い作品。
 

5つ星評価 2.8

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント