映画紹介「STAND BY ME ドラえもん 2」

この記事は約5分で読めます。


本日の映画紹介は
「STAND BY ME ドラえもん 2」です。

出典:公式映画サイト(画像リンク)

○原作 藤子・F・不二雄
○監督 山崎貴 八木竜一
○脚本 山崎貴 
○音楽 佐藤直紀
○製作 シンエイ動画 白組 ROBOT
○封切日 2020年11月20日 

■あらすじ
 ある日、優しかったおばあちゃんとの思い出のつまった古いクマのぬいぐるみを見つけたのび太は、おばあちゃんに会いたいと思い立ち、ドラえもんの反対を押し切りタイムマシンで過去へ向かう。未来から突然やってきたのび太を信じて受け入れてくれたおばあちゃんの「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」という一言で、のび太はおばあちゃんに未来の結婚式を見せようと決意する。しかし、未来の結婚式当日、新郎のび太はしずかの前から逃げ出してしまい……。(映画.com引用)


ドラえもん3DCGアニメで
前作「STAND BY ME ドラえもん」
の続編である本作。

話の大筋は前作の「のび太の結婚前夜」から
その後の結婚式を描くオリジナル要素に
「おばあちゃんのおもいで」を加えたプロット。

タイムマシンで過去の「おばあちゃん」に
会ったのび太は、「お嫁さんが見たい」という
おばあちゃんの願いを叶えるために
過去・現在・未来へ行き来する物語。

~映像・音楽~ 

監督は「山崎貴」

『ALWAYS 三丁目の夕日』や『寄生獣』
もともとVFX制作に長けた「白組」に
所属していた方でCG関係作品は多い。

当ブログでも紹介した
「ドラゴンクエスト」の3DCG映画では
原作デストロイヤーとして世間を炎上させ
本作ではどうなのかは注目のところ笑。
 
主題歌は菅田将暉 の『虹』
音楽は「佐藤直紀」

主題歌やBGM含め、本作雰囲気が
「感動物」ということもあって
物語に沿った音楽の雰囲気は違和感無し。

~演出・時間~ 
 
上映時間は96分

話の大筋はのび太としずかちゃんの
「結婚式」というオリジナル要素であり

そこに原作のなかでも名作の呼び声高い
「おばあちゃんのおもいで」を加えた本作。

個人的にこの「おばあちゃんのおもいで」は
少年の頃号泣した思入れがあったので(涙)
山崎監督演出を観るのが怖かったです笑。

前作同様にオリジナル要素の方が強く
原作通りの演出は目立たない全体の印象。

~見所ポイント~ 

①号泣必死「おばあちゃん」

これはもうずるいというか笑
あの「原作」「アニメ」を知っている人は
おばあちゃんが登場しただけで・・(涙)

また女優の「宮本信子」さんの声色は
違和感なくすごく入り込めたし感無量。

とにかく本作の見所はあの「おばあちゃん」
の姿を見れるという点かもしれない。

②結婚前夜の後日談

「のび太の結婚前夜」は有名な原作・アニメ。
ただし本作で描かれる結婚式はオリジナルです。

このオリジナル要素が本作の主題でもあり
新しいドラえもんが見れるのは素直に楽しめる。
(原作うんぬんとか色々は置いといて・・)

③のび太家の間取り

水田わさび世代のドラえもんを知らない
自分にとって、本作で家の構造が旧アニメと違い
原作寄りになっていて驚いたんですが

調べると新しいアニメでは
本作同じで原作寄りの家の間取りだそうで。

見所でもなんでもないかもしれませんが笑
旧アニメしか知らない人は家の間取りの
階段とか、押し入れの位置とかは要注目!?

~注意点~ 

①原作寄りのプロットではない

本作は原作からのストーリー選別と
結婚式の後日談というオリジナル要素

また、随所に「オリジナル」が組み込まれ
個人的には「原作通り」をCG演出すれば
一定の評価は得られるかなと思ったのですが。

ここでは細かく語り切れませんが
やはり原作リスペクトの面で観ると
がっかりしてしまう面は大きい。

あと何要素かを削ってしまって
演出に時間をかけた方が良かったかな。

②いらんことをしない方が・・

途中に不良中学生に追われるシーン。
カツアゲされて渡した未来のお札が
「手塚治虫」で罵られるシーン。

ここいります?笑
手塚治虫作品も触れてくる意味は・・。

山崎監督作品を見て一部に思うのは
ドラクエの時もそうなんですが
「いらんこと」を挟んでくるという点。

またそのリーダー格の不良生徒の
出っ歯が「手塚治虫風」なのは気のせい?
とにかく何か「引っ掛かり」があるなぁと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「STAND BY ME ドラえもん 2」
 を一言で言うならば

のび太の結婚前夜 後日談  

前作「STAND BY ME ドラえもん」の続編で
のび太の結婚前夜の後日談を描いた結婚式に
名作「おばあちゃんの思い出」を加えた本作。

原作通りだとか、原作リスペクトの面では
やはり喉に骨がひっかるような違和感があり
なんともしっくりこない消化不良感・・。

その反面、表情豊かな3DCG、名作ストーリー
前作ほど原作を詰め込み過ぎなかった面では
全体的には良作で老若男女におススメできる。
 

5つ星評価 3.2

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント