マンガ紹介「岸辺露伴は動かない」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「岸辺露伴は動かない」です。

○作者 荒木飛呂彦
○出版社 集英社
○掲載誌 週刊少年ジャンプ
○発表期間 1997年~
○巻数 既刊2巻(2018年7月現在)

■あらすじ
「ジョジョの奇妙な冒険」第4部で登場した
「岸辺露伴」との・・とある教会でのお話。   

~ジャンル分類~ 
回想サスペンス漫画 

~要素方程式~ 
 [短編]×[岸辺露伴]
=[恨み]+[サスペンス]+[恐怖]

「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に登場する
「岸辺露伴」というキャラのスピンオフ作品。

リアリティを大事にする漫画家「岸辺露伴」は
取材中に教会の懺悔室の中に入ってみた。

すると本来は神父が入るはずの部屋に
入ってしまった岸辺露伴は
懺悔室から聞こえてきた「ある告白」を
耳にすることになる・・。

出典:コミック「岸辺露伴は動かない1巻」

岸辺露伴の短編出てきてしまったか~。

実はジョジョの奇妙な冒険の中でも
この岸辺露伴が自分は大好きで
そのキャラのスピンオフ作品というだけで
高評価にしてしまいそうです笑。

~見所ポイント~ 

①岸辺露伴が見れるゥゥゥ

まずはやはり、あの強烈なキャラクター
「岸辺露伴」が見れるというだけで見所。

ジョジョ知らなかったら見所じゃあないけど笑。

出典:コミック「岸辺露伴は動かない1巻」

タイトルどおり「岸辺露伴は動きません」

「岸辺露伴」は「懺悔室から動かない」。
つまり、懺悔室で聞いた「ある告白」が
本作品の内容となっている。

でも岸辺露伴がしゃべってるだけで
自分は感動なんですけどね笑。

②テーマ性あふれるストーリー

短編ながらも非常にテーマが深く魅力。
少しだけ紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

懺悔室で「ある告白」をした人物は
トウモロコシの食品工場に勤め
トウモロコシ袋運搬の仕事をしていた。

彼はある日、工場にやってきた
食べ物をねだる浮浪者に嫌悪感を抱き

「5日も食べていない」という言葉にも耳を傾けず
「食べ物が食べたいのなら、働いてからだ」と
浮浪者を働かせた。


浮浪者は力尽きたのかその場で倒れ
トウモロコシ袋の下敷きに・・・。

しかし男は「ナマケているんじゃねぇ!」
と一括。すると・・・

出典:コミック「岸辺露伴は動かない1巻」

足元からさっきの浮浪者がァァァ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、こんな感じです笑。

え?何がテーマ性あふれるかって?
確かにこれだけじゃテーマ性はないですよね笑。

テーマ性が深いというのはここからで

男は浮浪者の状況を知らなかったが
果たして浮浪者がその男を恨むことは
“逆恨み”になるのかと物語は進み・・

そしてその浮浪者は
「お前が幸せ絶頂のときに俺はやってくる」
と言って消えるんです。 めっちゃ怖い!!笑。

実はこの作品テーマは作者が
「普段人を欺くと一番幸せな時にバチが当たるぞ」
ということを言われたときに浮かんだらしい笑。

まさにこの発言の通り「人を欺くとバチが当たる」
ということがこの物語の結末にも繋がっており
全体を通したテーマにもなっています。

いや~非常に衝撃的な話だった。

~注意点~ 

①後を引く怖さ

ちょっとテーマが怖いです笑。

「人を欺くと、一番幸せなときにバチが当たる」
って・・・作者が怖がるのも納得の怖さ。

それを荒木先生の視点で
そしてあの奇妙な画風で描いてしまうので
非常に恐怖を感じます。

読み終わったあとは限りなく後味が悪く
奇妙な読後感が残るので注意です笑。でも面白い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「岸辺露伴は動かない」を一言で言うならば

バチは幸せ絶頂の時に!? 

なんとも恐ろしいストーリーです。
「恨み」って怖いなぁと心にきます笑。

ジョジョの奇妙な冒険第4部の
「岸辺露伴」の登場にファンは感動の嵐です!!

短編作品の中では岸辺露伴登場もあってか
一番好きな作品かもしれない。
是非短編集を買って、見てみてください!!


個人的好み度 73%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント