マンガ紹介「式の前日」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「式の前日」です。

○作者 穂積
○出版社 小学館
○掲載誌 フラワーコミックス
○発表期間 2012年
○巻数 全1巻

■あらすじ
“ふたりきり” それはこの世でもっとも切なく、もっとも尊い宝物。表題作「式の前日」ほか、5編を収録した、珠玉の“泣ける”読切り短編集。叙情と憧憬を鮮やかに紡ぐ俊英、ここにデビュー!!  

~ジャンル分類~ 
斜情的日常切り取り漫画

~要素方程式~ 
[斜情的]×[日常]×[オムニバス]
=[穏やか]×[情景]

デビュー作にてこのマンガがすごい2013の
第二位に輝いた本作品。

表題作「式の前日」をはじめ
どこか斜情的で切ない切り口の日常を
少し古臭い線と穏やかで綺麗な仕掛けと
共に切り取っていきます。

出典:コミック「式の前日」

今回は短編表題作「式の前日」を紹介。
結婚式を明日に控えた男と女のそれとない日常。


~見所ポイント~ 

①緩く穏やかな日常

基本的に表題作もその他含め
どことなく斜情的で穏やかな日常を
すごく丁寧に真摯に描いている印象です。
そこは素直に見所だと思う。

出典:コミック「式の前日」

何気ない会話だったり
コマの切り取り話の流れだったり
一見何てことない日常なのだけれど
すごく練られた感じを受ける。

②はっとするラスト

表題作とその他含め
ほとんどの作品に「仕掛け」を作って
上手く最後に消化してくれるのだけれど
特に「式の前日」は見もの。

出典:コミック「式の前日」

それとない日常が続き
それとないラストを予想して読んでいくと
最後の最後の数ページで何か違和感を感じて
きっと首を傾げる。

その後はもう最初から読みなおして
もう一回ラストを見ざるを得ない。

この当たりは
仕掛けを仕掛けとして感じさせない技量と
雰囲気が作品全体にあったからだと思う。
是非読んでみてください。

~注意点~ 

①デビュー作だから? 

非常に完成度というか仕掛け方とか
真摯な姿勢を感じるけれど
劇的に魅力があるかと言うと
そういう印象はなくて「爆発力」はない。

そう思ってくるとだんだん
「デビュー作だからでは?」と感じ始めて
第2位の評価がどうなのか・・という印象も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「式の前日」を一言で言うならば

それとなく切ない日常  

「真摯に」「綺麗に」という事に加えて
ここからもうひとつ何か「インパクト」のある
特徴が加わると「面白い」に繋がるはず。

現状では「インパクト」とか「個性」という
要素が中和されてしまっている印象が強いので
一見「地味」と感じてしまうのは仕方が無いか。

それでも「仕掛け」には魅力を感じる。
読み直したくなる仕掛けは好きだ。


個人的好み度
 57%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント