マンガ紹介「タッチ」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「タッチ」です。

○作者 あだち充
○出版社 小学館
○掲載誌 週刊少年サンデー
○発表期間 1981年 – 1986年
○巻数 26冊 

■あらすじ
 上杉達也、上杉和也は一卵性双生児。スポーツも勉強も出来る弟の和也に対して、何事にもちゃらんぽらんな兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は同じ中学・高校へ進む。
 『甲子園に連れて行って』という南の夢を叶えようと1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝の朝に事故で亡くなる。そして達也は和也の夢を継ぐ。南の夢を叶えるという夢を。  

~ジャンル分類~ 
学園・恋愛・野球漫画

~要素方程式~ 
 [学園]×[恋愛]×[野球]
=[双子]×[ヒロイン]with[原田]

このマンガの最初が結構好きで
なんか4コママンガみたいに始まるんですよ。

出典:コミック「タッチ」第1巻

そしてこの文章・・・

最初は遊び場であったはずのそこは
何年か前から勉強部屋
といういまわしい名に変わり
三人の中の一人が女だということに
気がつきはじめたのも
たしかそのころであった


ここがすごく好きです。
この文章がすごく印象的だった。

ジャンルは野球マンガではありますが
ほとんどが学園でのストーリーなので
野球マンガとしてではなく学園ものです。

 ~見所ポイント~ 

①不思議な三角関係

注目すべきはその設定にある。

弟カズヤと南の邪魔をしないようにか
何か一歩引いている感情が見られるタツヤ

スポーツ・学業・性格ともに
トップクラスの優等生カズヤ

そしてその二人の間にいる

この三角関係は、すごく面白い設定。
三角関係と言っても「俺、告白するよ兄貴」とか
お互いがそれぞれの気持ちを知りながら
それでも仲が良すぎるのか普通に話す姿は
サバサバしていて駆け引きのようなものはない。

出典:コミック「タッチ」第5巻

そして、有名な弟の死。

弟の死は話としての大きな意味を持つのですが
有名な「ウソみたいだろ、死んでるんだぜそれ」
という達也のセリフの効果なのか

弟の死は、意外にもあっさりと進んでいく。
あのシーンは、唯一タッチの世界観のなかでも
すごく暗い絵だったのでとても印象に残る。

②ヒロイン朝倉南の存在

このマンガのヒロイン朝倉南の存在は
やはり見所ポイントとして挙げられますね!

出典:コミック「タッチ」第5巻

事実上タツヤが好きであることの公言。

出典:コミック「タッチ」第3巻
出典:コミック「タッチ」第3巻

長生きしないよって・・・。

明石家さんまさんが「いい女ベスト1」に
挙げてているのはTV界では有名ですが

さんまがネタに使う小石を蹴っての
[タッちゃんたらなんにもわかってないんだから]
っていうシーンは原作にはありませんでした笑。

そもそもなんですが南はタツヤのことが好きで
カズヤのことは好きではなかったこと。
このことは原作を読んでみて意外な発見でした。 

③原田正一というサブキャラ

このタッチというマンガにおいて
サブキャラ「原田正一」を語らねば笑。

途中登場のタツヤをボクシング部に誘った
無口で無愛想なケンカ最強の原田くんは
かなりの良キャラ!

タツヤといっしょに
ボクシングをやる時期があるのですが

原田のあの顔の怖さとなんともいえない言動に
作品内一番のファンになりました。

タツヤに不良を河原まで案内させておいて
実は騙しでタツヤが河原で不良に絡まれる中
電車から手を降る原田くんのシーンもある笑。

出典:コミック「タッチ」第3巻
出典:コミック「タッチ」第3巻

また意外と詩的な言葉とかを言うモンで

「野球は本当に9人でやるもんなのか?」
「姫が待っていた王子様には実は双子の兄がいた。王子様はふたりいらない」

 
みたいに意外とかっこいいことも言います。

出典:コミック「タッチ」第5巻

彼の存在はこのマンガでの重大・・・
な役割とは言えませんが笑

非常に存在感あるナイスなサブキャラ!

ちなみに一回だけ父親がでるんですが
全く同じ顔です笑。

~注意点~ 

①弟和也の死

まず弟カズヤの死があまりにも
全国区になってしまい
無条件でネタバレという点か笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「タッチ」を一言で言うならば

不思議な三角関係  

スポーツしてないスポーツ漫画。
間違いなく野球漫画の歴史を変えた作品。

弟の死後
それを受け継ぐ兄タツヤと
それを見守る朝倉南。

不思議な「間」と「キャラの関係性」が
描く本作品は不思議な感動を与えてくれる。


個人的好み度
 67%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント