マンガ紹介「夕凪の街 桜の国」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「夕凪の街 桜の国」です。

○作者 こうの史代
○出版社 双葉社
○掲載誌 WEEKLY漫画アクション
     漫画アクション
○発売日 2004年10月
○巻数 全1巻

■あらすじ
広島原爆から生き延びた被爆女性と、被爆2世と言われる女性の物語。  

~ジャンル分類~ 
原爆投下後の日常漫画

~要素方程式~ 
 [原爆投下]×[広島]×[女性]
=[生]×[死]×[意味]

広島原爆投下における被爆した女性
平野皆実の数年後を描いた「夕凪の街」と

被爆二世と言われる女性石川七波の
子供・大人時代を描いた「桜の国」の物語。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

説明すると二本立てのような感じがしますが

「夕凪の街」の平野皆実の弟の旭は
「桜の国」でも登場し、その旭の子供が
「桜の国」の主人公である七波なので

舞台は少し違うものの
ストーリーはつながっていると考えてよいです。

多少読んでいて、家系図が欲しくなりますが笑
注意して読んでいればわかるので大丈夫です。

夕凪の街、桜の国(子供時代)
桜の国(大人時代)の計3部作ですが
総ページ数は100程度なので
非常に読みやすく、そして濃い内容です。


~見所ポイント~ 

①人に焦点を当てた

まず本作品一番の見所は
「人に焦点を当てた作風」かもしれない。

こういった作品の多くは
原爆シーンや恐ろしさの描写が多く
戦争教育に関して自分としては

「過去の惨劇や恐怖」を
現代の自分が知る意味がわからず
モヤモヤを持ってるし必要性を見いだせない。

しかしこの作品の神髄は
「原爆の恐ろしさや被害」を伝えるより
「原爆が人間に与えた心の傷」という
「人への焦点」が中心に描かれている。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

これは新鮮というか、これこそ・・
「原爆投下を後世に伝える意味」のような
戦争教育の真理と思ったわけです。

そうだ「原爆の恐ろしさ」じゃなく
「原爆が人間に与えたこと」が重要だ。

そういう意味では
ほとんどが日常の中の人間ドラマなので
押しつけがましくないというか
「戦争の向き合い方」「伝え方」に感心する。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

作品中は原爆被害のシーンは少なく
原爆投下後の「人の想い」のような描写が多い。

幸せになることを恐れる皆実の想い
被爆二世としての意味を考える七波の想い
弟の手紙、凪生の想いと
それに立ち向かう東子の想い

本当に切実でそれでいて
温かくも感じる想いが見所。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

作者自身の想いもあとがきに書かれていて
戦争テーマに真摯に立ち向かおうとする想いに
心が打たれたし、好感が持てた。

②淡く古い画風

画風もまた個性的というか古臭いというか。

まさにこの作品のテーマにあっているような
どこか淡く、そして落ち着く画風です。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

特に上に乗せた見開きページは
かなり心を揺さぶられた。

原爆の集落で暮らしていた過去と
現在は野原になった場面の対比。

風が吹かない過去の夕凪の街と
風の吹く現代の野原。

この対比は見事。
ここは本当にすごい見開きで深い。。

③強烈な言葉群

総ページ100程度の物語の中に
すごく端的にまとめられたストーリー。

平野皆実の人生、七波の想いと
弟の凪生と同級生の東子の恋

どれも端的で心揺さぶられる場面が
ここぞと登場するのは作者の手腕が光る。

何より作品中の”想い”を表す
辛辣な言葉群は強烈で切実です。

出典:コミック「夕凪の街 桜の国」
出典:コミック「夕凪の街 桜の国」

特に作品内の言葉群でも強烈だったのは
夕凪の街の平野皆実のこの言葉だ。

「嬉しい?

十年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て

『やった! またひとり殺せた』

とちゃんと思うてくれとる?」


生きる意味を探していた平野皆実が
死ぬ意味」もわからないという事実。

この台詞は自分には重すぎました・・・。

~注意点~ 

①楽しい漫画じゃない

「原爆が人に与えた傷」のようなものを
真摯に「漫画」という媒体を使って伝えている
”のみ”
なので

漫画としての
「エンターテイメント」や「娯楽」はなく
そういう意味では、非常に重く、辛い読後感は覚悟して下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夕凪の街 桜の国」を一言で言うならば

原爆投下が人に与えたこと

原爆の恐ろしさではなく
原爆が人に与えたことを描くこの作品。

自分のモヤモヤさえも解決させてくれた
とてもいい作品だった。

まだまだこのテーマに関して
知識も感心も薄い自分ですが

やはり「人が死んだ」という事実に対して
どうゆう心構えを持っていくか。。。

少なくとも最低限の知識と
自分の意志を持っていかなければいけない。


個人的好み度
 74%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント