マンガ紹介「リアル鬼ごっこ」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「リアル鬼ごっこ」です。

 ○作者 原作 山田悠介
     作画 杉山敏
○出版社 幻冬舎
○掲載誌 コミックバーズ
○発表期間 2004年
○巻数 全1巻

■あらすじ
 西暦3000年、王様が存在し征服されているこの日本で、全国500万人いる佐藤の苗字を持った人間を狩る遊び、その名もリアル鬼ごっこが開催される。期間は1週間。その間に鬼に捕まったものは処刑、見事逃げ切ったものには、何でも好きなものを与えられる。 リアル鬼ごっこの真意は、佐藤を狙う意味とは。怒涛の鬼ごっこサスペンス!  

~ジャンル分類~ 
未来サスペンス漫画

~要素方程式~ 
 [鬼ごっこ]×[王様]×[佐藤]
=[薄い]×[つまらない]

西暦3000年。
日本は王様が征服する世界になっていた。

王様は、全国500万人いる
「佐藤」の苗字を持つ人間を狩る遊び

その名も「リアル鬼ごっこ」を
開催することになった。

出典:コミック「リアル鬼ごっこ」

かつて見た漫画レビューサイトで
ワースト3位に入っていたこの作品。

ストーリーの筋はあらすじの通りで
理不尽なまま「佐藤狩り」の目にあう
主人公「佐藤翼」が

様々な人たちの出会いや別れを通して
王様と対立する流れ。

1週間という期間の中で
鬼が2回パワーアップする設定や
王様の真意、佐藤の意味など
気になる設定が見所?なのかなぁ。

~注意点~ 

ん?あれ?見所ポイントは!?
すみません。紹介できる見所ポイントが。
ですので、変則ですが注意点にいきます。

①作画の崩壊

まずはっきり言って作画がひどい。

人物の表情、背景、描き込み量などなど
どれもひどくて中々にきついです。

出典:コミック「リアル鬼ごっこ」
出典:コミック「リアル鬼ごっこ」

背景の建物や窓枠の無い窓など笑
これはマンガ界の「作画崩壊」に認定!

これは「好み」ではなく「客観的事実」。
「画が下手」以前に「やる気」も感じられない。

②動機不純

ストーリー漫画において
「動機」を重要視する自分にとって
この作品の動機のあまりのしょぼさに
終始絶句してしまった。

ツッコミ所満載というか
どうしても書きたいことがあるので
箇条書きで一部書き殴りたいと思います。

●リアル鬼ごっこを開催した王様の動機が意味不明
●何故「佐藤」なのかという動機も薄いし意味不明
●西暦3000年の世界観設定の意味がわからない

と、とりあえずですね・・
「動機」があまりに破たんしていて
見ていて「おお!」と興奮できる場面が皆無です。

③キャラ無・構成不足

キャラの性格、言動、描き分け・・・
どれもひどく全く魅力がないキャラたち。
感情がないというか何というか。

また圧倒的構成力不足で
ストーリーが破たん。
これもツッコミ所満載で一部箇条書きに。

●王様は、鬼側にも真意を悟られないために、鬼ごっこ開催の3日前に公表したと言っているが、その3日前の「鬼側」と「佐藤側」の描写が全く無く、普通に鬼ごっこが開催されているので、ストーリーが薄すぎる。これが残念すぎた
●地下収容施設に送った佐藤たちが、自由に動けたという状況がまず笑えるが笑、さらにはその佐藤達に、王様の真意が普通にばれたという、本末転倒の展開も最悪
●そもそも王様が存在する経緯や設定が皆無で、わかるのは西暦3000年ということだけ。王様の位置づけや、世界状況もわからず、世界観に入り込む以前の問題

ん~。書ききれないので止めますが
本当に陳腐な構成です。

あ、ひとつツッコミ忘れが・・・。
物語冒頭、佐藤さんを集めての王様の演説。

出典:コミック「リアル鬼ごっこ」

背景の人物少なッ笑。
1,2,3・・・500万人いないよなぁ笑。

まあここに500万人
全員いるのかは不明ですが
それにしても少ないだろ。
たぶん1000人もいないよ笑。

ってな感じで、色々とツッコミ所満載なので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リアル鬼ごっこ」を一言で言うならば

佐藤って500万人いるのかぁ  

もう本当に佐藤さんが世の中に
500万人いるってことぐらいしか
得られることはないかもしれない笑。

最終的にまとめると

●作画崩壊
●動機不純
●構成力不足

作品を構成する要素の
ほぼすべてがダメなので
つまらないと思ってしまうんだろうなぁ。


個人的好み度
 03%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント