マンガ紹介「南瓜とマヨネーズ」

この記事は約5分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「南瓜とマヨネーズ」です。

○作者 魚喃キリコ
○出版社 宝島社
○掲載誌 CUTiE Comic
○発表期間 1998年
○巻数 全1巻

■あらすじ

わたしたちの生活 毎日 日常
だけでも今でもたまに思うことがある
ハギオだったらなんでもしてあげるのにってね
せいちゃんとあたしは同棲をはじめて1年半になる
同棲のキッカケはたいしたことじゃない
なんとなくいつのまにかそうしてたってだけだ
胸のつまる苦しい恋とはちがって
なんとなくいつのまにか
というのはとても楽だったし
情がわくのもすごく簡単なことだった  

~ジャンル分類~ 
モノクロ恋愛漫画 

~要素方程式~ 
[淡々]×[恋愛]
=[切ない]×[苦しい]


作者名の「魚喃」は「なななん」って読みます。
初見では絶対に読めない笑。

内容は、あらすじにコミックの冒頭の
言葉をそのまま書きましたが

登場人物は
「あたし」「せいちゃん」「ハギオ」 の三人で、
淡々とした日常が描かれていく恋愛漫画です。

出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」

「せいちゃん」の音楽バンドの夢を支えるため
日々バイトやお水でお金を稼ぐ「あたし」と、
過去に「ハギオ」に振り回された経験があるが
それでもハギオを好きな「あたし」。

物語は、
「あたし」が「ハギオ」に再会することで動く。

~見所ポイント~ 

①淡々とした雰囲気

まず見所というか、特徴というか、
この作品は、描き方が非常に淡々としています。
画風も淡々としています。描き方と画風がマッチしてます。

同棲1年半という設定も重なってか、
「あたし」と「せいちゃん」の部屋での会話、無言のシーン
すべてが淡々としていて、ものすごくリアルです。
「間」が上手いんですきっと。本当にリアルすぎます。

出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」
出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」

非常に「虚無」というか「痛さ」というか、
そういうものを「淡々」と描かれていくので、
ものすごく読んでいてダメージがあります。

そこが見所なんですが
注意点でもあるような気がします。

②3人の登場人物

この作品の見所はなんなんだろう・・
すごく伝えるのが難しい。

まずは登場人物の3人が重要です。

「あたし」は、「せいちゃん」を支えるため、
お水や売春までしてしまう女。
かつて「ハギオ」の子供をつくってあげて、
おろしてあげて、それでもハギオが好きな女。

「せいちゃん」は、音楽バンドに夢をみるものの、
現在はバイトもせず部屋でのんびりとすごす男。

「ハギオ」は、いくつもの女と付き合って
恋愛にも冷めている男。
「あたし」を冷たい目で見下すときがある男。

「せいちゃん」と「ハギオ」
が関係を持っていないことから、
やはり「あたし」がこの作品で一番の視点で

「あたし」が何を思って、
何に傷ついて、そういうところが見所です。

ただ、あるのは「虚無」や「痛さ」、
そんなものしかないかもしれない。

③好きになること 

結局「好きになること」って何なのか。
これがこの作品のテーマかもしれない。

1年半を過ごして、何かで笑ったり、
話題が無くなり、空気のような関係になったとき、
「あたし」と「せいちゃん」をつなぎとめておくものは、何なのか。

かつて、ハギオのために子供を作り、
おろしてあげたという「あたし」、
それでもハギオのことが好きな「あたし」。
「あたし」が「ハギオ」を好きな理由は何なのか。

この二つの視点が
作品の中での見所なんだと思います。

「あたし」と「せいちゃん」を
つなぎとめておく理由。 「情」ではない理由。
これがわかるようなシーンが、作品内にあった。

出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」
出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」
出典:コミック「南瓜とマヨネーズ」

 結局、「あたし」と「せいちゃん」をつなぎとめているものは「お互いがお互いを補うため」。そしてこのシーンでは「自分は相手にとって必要な存在」だと、思い込んでいた自分勝手な”ウソ”が崩れそうになった。非常に痛いシーン。

「相手が自分にとって必要」
と思うのは良いとしても
「自分が相手にとって必要」
と思い込むと、傷つく場合がある。

一方、「あたし」が「ハギオ」を好きな理由。
これはわからない。
好きなことは事実だけど、理由がみつからない。

むしろ、答えがでていたら
「あたし」は「ハギオ」のもとへ行きます。
この「あたし」が「ハギオ」を好きな理由がわからないのがテーマなんでしょう。

「誰かを好きになる」ことがわらなくなってきたり
「好き」って何なのか、 そういうことを
ボーっと考えたことがある人には心にくる。
そして、そういうことで辛い思いをした人
たぶん最後のシーンは泣きます。強烈。

~注意点~ 

①切なさMAX


非常に淡々としているし
これは作者の実体験からくるものらしく
すごく痛々しいものが蔓延しています。

恋愛漫画のジャンルにはしていますが
これを見ても「切なさ」しか残りません。
楽しくはないのでご注意を・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「南瓜とマヨネーズ」を一言で言うならば

南瓜とマヨネーズぐらいの関係  

物語中、血液型の相性について話す「あたし」。
「せいちゃん」とか「ハギオ」との「つなぎとめておく」がわからない
「あたし」が、 友達と「血液型の相性」を話しているシーン。

なんだかそっちのほうがよっぽど現実的な気がして
自分としては、ものすごく切ない場面だった。

でも、結局「つなぎとめておくもの」って、簡単にあるものじゃないし
1年半という同棲の中で、「あたし」と「せいちゃん」の関係は
日常の中での「南瓜(かぼちゃ)」と「マヨネーズ」ぐらいかもしれない。
そんな程度のものなのかもしれない。

そういう意味でのタイトルなのかと
今は感じています。

個人的好み度
 72%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント