映画紹介「Fate stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower」

この記事は約4分で読めます。


本日の映画紹介は
「Fate stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower」です。

※本作品は劇場版シリーズ全三章の
第一章内容の紹介となります。

出典:アニメハック(画像リンク)

○原作 奈須きのこ/TYPE-MOON
○監督 須藤友徳  
○脚本 桧山彬(ufotable) 
○キャラデザ 須藤友徳、碇谷敦、田畑壽之
○音楽 梶浦由記
○製作 ufotable
○封切日 2017年10月14日 

■あらすじ
 TYPE-MOONの人気PCゲーム「Fate/stay night」のアニメーション映画化で、ヒロインのひとりである間桐桜を通じて「聖杯戦争」の真実に迫るシナリオ「Heaven’s Feel」ルートを3部作で描く「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel」の第1部。
 あらゆる願いをかなえる「聖杯」をめぐり、魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が争いを繰り広げた「聖杯戦争」から10年。冬木市で再び聖杯戦争が始まる。前回の聖杯戦争を戦った衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は、切嗣の遺志を継いで戦うことを決意し、そんな士郎のそばには、彼を慕う少女・間桐桜がいた。聖杯戦争が始まったことで冬木市内には不穏な空気が流れ、士郎は桜を自宅に招き入れるのだが……。(映画.comより引用)


※紹介の前に
 「fateシリーズ」は原作ゲーム『Fate/stay night』を原点とした多くのシナリオ・ルートをアニメ・映画化した膨大なシリーズ作品となっております。
 あらゆる願いをかなえる「聖杯」をめぐり、魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が争う「聖杯戦争」を主軸に描かれる物語は、主人公の衛宮士郎と3人のヒロインルートによって大別されます。

fateシリーズ大別(※その他作品も多数)

①「Fate/stay night」セイバールート  
②「Unlimited Blade Works」遠坂凛ルート
③「Heaven’s Feel」間桐桜ルート

今回は③の桜ルートを主軸に描いた
劇場版全三章の作品(第一章)となります。

~映像・音楽~ 

監督は「須藤友徳
製作は「ufotable」

基本的には先に挙げた
②「Unlimited Blade Works」の製作陣に
近い形で製作がされています。

やはりfateと言えば「アクション」で
2019年に漫画界を震撼させた「鬼滅の刃」も
「ufotable」製作のアニメがヒットの要因。

アクションシーンの躍動には定評がある。 

~演出・時間~ 
 
上映時間は「120分
fateシリーズ導入でむしろ2時間でも
足りないぐらいと思う中で

実は本作品は割と踏み切ってます笑。
その大きな理由はと言うと・・・

・大別3ルート共通の物語は
ダイジェストで最小限に尺を抑える

・その分「士郎」と「桜」との出会いや
日常シーンに重きを傾ける演出

・言峰綺礼の麻婆
(すみません笑、これはスルーで)


全3章のなかでのスタートにおいて
桜ルートの序章を良く考えての尺取り。
これは素直に良かったなと感じました。
(まあ原作自体は知らないのですが)

~見所ポイント~ 

①ヒロイン桜の魅力

桜ルート第1章の「重み」で言えば
やはり桜というヒロインの魅力と運命を
描いてこその全3章に繋がると思う中で

そういう意味では演出にスキは無かった。
原作自体は膨大なため「取捨選択」では
必ず否定的な意見が出るのも仕方がないが

個人的にはすごく良い見心地でした。
そして「何かある」と思わせる桜の秘密や
物語後半に登場する謎の黒い影など・・

次章に繋がるワクワク感もまた良い。

②アクションシーン

UFO安定のアクションシーンは健在。
今回はランサーVSアサシンが見所です!

セイバールート、凛ルート、ZEROなど
これまで見てきた自分にとってふと思うのは
ランサーっていつも「可哀想」な運命だなと笑。

とにかくアクションシーンは必見。見事。

~注意点~ 

①初見には辛い構成

これは本作品の構成がどうというわけでなく
どうしてもfateシリーズが膨大な内容であり
初手ダイジェスト構成は初見は厳しいです。

ですので序盤に記載した大別ルートを
事前にアニメ視聴することをおススメします。

少なくとも
①「Fate/stay night」セイバールート
アニメ視聴してからの鑑賞が最低条件です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Fate stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower」
 を一言で言うならば

「運命は”生か死”か”白か黒”か」  

fate大別ルートのなかでも
一番陰鬱で、一番長いこの桜ルートの
スタートを切った本作品の第一章。

そのスタートに士郎と桜の出会いや馴れ初め
そこから始まる数奇な運命譚への序章を描いた
監督、製作陣には作品愛を感じる構成でした。

残り二章での展開、桜の過去、黒い影の正体など
劇場版全三章のスタートは見事な出来で文句なし!


5つ星評価 4.0

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント