映画紹介「サカサマのパテマ」

この記事は約11分で読めます。


本日の映画紹介は 「サカサマのパテマ」です。

出典:Asmic Ace 作品紹介ページ(画像リンク)

○原作・監督・脚本 吉浦康裕  
○音楽 大島ミチル
○製作 スタジオ・リッカ
○封切日 2013年11月9日 

注意

物語の結末、重大なネタバレを含んでいます。
作品鑑賞後に見ることをおススメします。

■あらすじ
 「かつて、多くの罪人が空に落ちた」とされ、「空」を忌み嫌う世界・アイガ。そこに暮らす少年・エイジは、ある日、サカサマになってフェンスにしがみつく少女・パテマと出会う。パテマは重力が逆転した地下世界の住人で、行方不明の友人・ラゴスを探して散策するうちに地下世界からアイガへと「落ちて」しまったのだった。(wikipedia引用)

スタジオ・リッカの吉浦康裕
原作・監督・脚本を務めた長編アニメ映画。

物語はある日、重力が反転している
少女:パテマに出会った少年:エイジ
二人の少年少女が描くSF作品。

相反する重力を持つ少年少女が
互いに抱き合うシーンが印象的で
本作の世界観を象徴するワンカット。

~映像・音楽~ 

監督は「吉浦康裕」
2010年に同じく原作から監督・脚本を
務めた「イヴの時間」に続いて作成された本作。 
 
音楽は「大島ミチル」
テレビ・映画・アニメ・ゲームなど
数多く幅広い作曲を手掛けています。 

~演出・時間~ 
 
上映時間は99分

本作世界観で重要な「重力反転」という
そのSF要素と舞台(世界観)の説明も含むと

おそらくかなりのボリュームになりそうですが
そこは割とライトで軽快に物語を進めているので
100分未満で見やすい時間配分となっています。

~見所ポイント~ 

①サカサマの世界

やはり題材の「面白さ」に尽きます。

物語は地下にいる「パテマ」という少女視点
から始まり、あるきっかけでパテマは空洞に落ち
なんと天地の反転した世界で少年エイジに出会う。

エイジのいる世界は「アイガ」と言い
そこでパテマは自分のいた地下世界が
反転重力の世界であることを知った。

お互いの体が相反する重力となるため
「空に落ちるパテマ」を掴むエイジの姿。
少年少女のサカサマの世界観は魅力的な導入。

②ネタバレ解説

本作の魅力はその「サカサマ」の世界の
謎や展開にあるので今回はネタバレ有で
映画視聴後の方に向けた解説も含めます。

話の展開に着いていけなかった方や
改めて物語整理をしたい方は是非ご覧あれ。
(簡単ですが説明用画像も用意しました)


タイトルにもあるように
パテマは「反転重力」の性質を持った世界。
これはかつてエネルギー実験の失敗により
世界が反転してしまった人類の生き残りだった。
反転重力の人間は「地下」で暮らしていた。

パテマはかつて「地上世界」に向かった
ラゴスという男性を追って空洞に落ちた。
そこで地上世界「アイガ」でエイジという
少年に出会うことで物語は動き始める。

地上世界「アイガ」では反転重力の影響を受けた
地下世界の生き残る人間達も空も忌み嫌う世界。

空を見る事を禁止される世界で空を見るエイジ。
かつて空に飛び立とうとした父は落下事故で亡くし
エイジは「空」に対して複雑な感情を持っていた。

パテマと出会ったエイジであったが
パテマは地上世界で見つかり連れ去られてしまう。
そしてラゴスは地上世界で亡くなった事を知る。
なんとかパテマを救い出すエイジであったが
パテマの拘束具によって空に落ちてしまう

ここでひとつのどんでん返し。
空に落ちた二人が見たもの、星空と思った
その光は天空に立つサカサマの街の姿だった。

そこにはかつて空を目指した父の形見でもある
飛行船があり、そこでラゴスとエイジの父が
交流を持っていた証の「日誌」を見つける。

エイジとパテマはその飛行船を使って
地上の世界「アイガ」に戻り、エイジは
パテマを地下の世界に戻すことを決意する。

地下の世界を根絶やしにしようとする
アイガの人間との攻防の末、エイジとパテマは
サカサマの世界で衝撃の事実を知る事となった。

物語はここでさらにどんでん返し。
まさに「サカサマ」の事実が隠されており
説明用の画像も180°ひっくり返します ( ゚Д゚)

物語の顛末はまさに「サカサマ」
反転重力と思っていた地下のパテマ達が
実はもともとの世界のもので

エイジのいる世界である「アイガ」こそが
反転した世界で人工的な空で構成された
サカサマの世界であった。

まさに「サカサマ」となるその物語構成は
観ていて引き込まれるし魅力的な展開でした。

エイジとパテマが空に落ちて発見した
天空にあるサカサマの街が見つかった瞬間に
おそらくこの「サカサマ」の事実はわかりそう。

ただ、地上世界「アイガ」という名前が
ガイア(大地)の反転名という安易なヒントで
序盤で気づいてしまった人も多い気がします笑。

③サカサマの重力描写

サカサマの相反する重力で向き合う
エイジとパテマのボーイ・ミーツ・ガール

二人が反対に向き合う印象的な姿や
互いの重さの差で浮き上がる描写など
サカサマ独特な構図はとても魅力的でした。

「空に落ちる」というその恐怖の演出は
世界観に引き込まれました。

~注意点~ 

①SFとしての未熟さ

前提に本作が本格的なSFでなく
あくまでファンタジーと言ってしまえば
それはそうなのですが・・・

それでも「重力」という物理原則題材となると
やはり「SF」としての世界観説明は欲しいところ。

そういう意味では本作のSF世界観設定は
かなり説明不足だし「粗さ」は目立ってしまう。

本作世界観では重力自体が反転ではなく
過去の実験事故により影響を受けた人や物体が
「反転重力」となってしまった世界なのか?
空間や物体の反転重力設定に謎は残る。

厳密に言えば「重力」は地球と対象物の引力と
地球が回る遠心力の差し引きの力と言えるが
一部の世界だけ「反転重力」になる原理は
なかなかSF観点で説明が付くのかどうか。

これはどういう「物理原則」でそうなったか
その原因や原理は最低でも説明が欲しかった。

もしかしたら公式設定資料集などで
かなりの世界観説明がされているかもですが
少なくとも映画単体では不明点が多いので
ここはやはり残念なところ。

むしろ「重力」は「引力」という視点。
二人を引き離そうとする「重力」が
引き合わせようとする「引力」に
テーマが近づくような演出だったら
SF観点、テーマの面でも良かった気もする。

②設定は傑作。全体としては佳作。

「サカサマの世界」「サカサマの謎」など
題材はもうアニメとして最高の材料でしたが

どうしても「重力」というSF要素の面では
説明不足や粗さが目立って「佳作」どまり。
エイジとパテマのシーンももっと
サカサマを活かした演出が見たかった。

本当にこれ、原作は最高だと思うので
もっと煮詰めて再アニメ制作としたら
神アニメ映画になり得る作品だったと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「サカサマのパテマ」を一言で言うならば

サカサマなのは世界?思考?  

物語や展開がひっくり返る「サカサマ」
人類や思考がひっくり返る「サカサマ」

アニメの世界観で常にひっくり返る
その構図や演出が光る本作ですが

SFとしての世界観構成不足の補填と
エイジとパテマの少年少女の「サカサマ」
構図を活かした魅力的シーンが抜群であれば

アニメ映画史上に残る傑作になり得たと
本気で思えた作品でした。惜しいけど佳作。

それでも舞台やアニメ―ションが
見事に「ひっくり返る」その「サカサマ」な
世界観は、とても魅力的で素敵な作品でした。
 

5つ星評価 3.7

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント