映画紹介「劇場版メイドインアビス深き魂の黎明」

この記事は約4分で読めます。


本日の映画紹介は
「劇場版メイドインアビス深き魂の黎明」です。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

○原作 つくしあきひと
○監督 小島正幸 ○脚本 倉田英之
○キャラデザ 黄瀬和哉
○音楽 kevin penkin
○製作 キネマシトラス
○封切日  2020年1月17日

■あらすじ
 人類最後の秘境と呼ばれる巨大縦穴「アビス」
 孤児院で暮らす探窟家見習いの「リコ」は、アビス探窟の途中で人間の少年そっくりなロボットの「レグ」と出会った。
 リコの母親はアビス探窟家の英雄(白笛)ライザ。しかしライザの消息は絶たれていた。ある日リコはアビスから地上に上がってきたライザの白笛と手紙を発見し、レグと共に母親の存命を信じてアビスに向かうこととなった。
  本映画作品では、アニメ1期の続編時系列で深界4層で出会ったナナチの辛い過去に影響する「ボンドルド」という研究者(白笛)との接触、深界5層のストーリーが主軸。

~映像・音楽~ 

 アニメ制作は「キネマシトラス」
 正直あまり聞いたことのない製作会社でしたが、アニメ経歴で言えば「くまみこ」「ご注文はうさぎですか??」など。KADOKAWAとの業務提携がある。
 
 映像で言えば、アニメ1期を視聴済みの方ならおわかりか、原作ファンの方からも評価は割と高いクオリティの印象。
 
 個人的に原作は、つくしあきひとという「イラストレーター」としての表現手腕が絶大なので、また「アニメ」という観点では別のベクトルにならざるを得ないと思いつつも、とても世界観を尊重した映像美だと素直に思いました。
 
 音楽は「Kevin Penkin」
 アニメ1期の担当と変わらずこちらも
原作世界観を見事に表現した素晴らしい音楽性と思います。
 
 神秘的で美しい自然、混沌とした世界観、迫力のある冒険活劇。なかなかに難しい世界観に沿った音楽は圧巻。調べるとオーストラリアの作曲家さんだそうですね。 

~演出・時間~ 
 
 上映時間は105分。
 
 深界5層のボンドルドとその娘のプルシュカの物語が描かれ、一般的な上映時間、間延び感もあまりなく、綺麗にまとめられていた印象でした。
 
 ボンドルドとの戦闘シーンの迫力、また個人的には登場シーンの重低音や機械音の演出が印象に残りました。
 
 深界5層のプルシュカとの出会い、アビスの秘密、ボンドルドとの接触、ナナチの過去、ボンドルドとの対立・・・物語の起承転結がきっちり詰まった105分に感じました。

~見所ポイント~
 

 やはりボンドルドと言えば原作ファンとしても一番気になるキャラクターで、一言で言えば超ド級のマッドサイエンティスト。
 
 アビスの呪いの研究として多くの命の犠牲に対して全くの罪の意識を持たないサイコパス。もともと原作自体が非常に混沌とした絶望感が漂うなか、その世界観でも一際カオスを醸し出すボンドルドは、映画での登場は大きな衝撃を与えてくれます。
 
 あとは映画ならではの迫力と言うか、神秘的な世界観というか、そのあたりが美しくかつ迫力のあるBGMと、あとはやはりレグの火葬砲(インシネレーター)や重みのある重火器音は圧巻。これはアニメでは得られない感覚です。

~注意点~ 

 映倫最終審査で+R15指定となった本作品・・笑。
 
 R指定の細かな審査内容はわかりませんが笑、正直直接的な性や暴力表現は強くなく、どちらかと言えば「人体実験」「絶望」「拘束」「グロ」などのメイドインアビスファンの皆さまなら納得の部分での指定だったかなと思います笑。
 
 まあこれは・・・確かにと思いつつも、メイドインアビス独特の「狂気」というものは精神的な要素が強く、15歳とか大人だとか関係なく「度し難い」ものがあるので、あまり先に挙げた4要素が苦手な人は注意かと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「劇場版メイドインアビス深き魂の黎明」
 を一言で言うならば

「アニメ純続編の劇場版メイドインアビス」  

 映画前冒頭のオーゼンとマルシクの小劇場(?)でいきなり作者フェチ全開のシーンが登場するのはファンサービスか笑。
 
 そして何よりアニメ1期時系列から純続編を本映画作品で上映しているので「アニメ2期は深界5層のボンドルドをやるの?」と疑問に思うファンも多いのではないでしょうか。
 演出、映像、音楽、上映時間・・文句なしの傑作!!ファンは必見!!

5つ星評価 4.3

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント