映画紹介「賭ケグルイ 絶対絶命ロシアンルーレット」

この記事は約6分で読めます。


本日の映画紹介は
「賭ケグルイ 絶対絶命ロシアンルーレット」です。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

○原作 原作:河本ほむら 作画:尚村透
○監督 英勉
○脚本 高野水登、英勉   
○音楽 未知瑠
○制作 ダブ
○封切日 2021年6月1日 

■あらすじ
 ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園。全校生徒を巻き込んだバトル「生徒代表指名選挙」を終え、学園は日常を取り戻したように見えたが、生徒会は圧倒的存在感を放つ蛇喰夢子に危機感を募らせていた。一方、学園内では生徒会への上納金を支払えない“家畜”の人数が増加。さらに家畜たちによる生徒会役員への公式戦ギャンブルが横行し、学園内は異様なムードに包まれる。そんな中、2年前にある事件を起こして学園を追われた男・視鬼神真玄が舞い戻る。彼は共感覚という特殊能力を持つ最凶のギャンブラーだった。(映画.com引用)


人気原作コミック「賭ケグルイ」実写化の
劇場版第2作目となる本作。

内容は原作には無いオリジナルで
かつてある事件で学園を追われた
視鬼神真玄とのギャンブルが描かれる。

~映像・音楽~ 

監督は「英勉」
テレビドラマ、前作劇場版でも
監督を務めています。

原作漫画の実写化映画で言えば
2020年の「映像研には手を出すな!」
なども監督を手掛けています。
 
音楽は「未知瑠」

~演出・時間~ 
 
上映時間は119分

本作はオリジナルストーリーで
かつてある事件で学園を追われた
視鬼神真玄(しきがみまくろ)との

学園全体の運命も左右する
ギャンブル戦が見所のストーリー。

~見所ポイント~

①桃喰綺羅莉のギャンブル参戦

本作一番の見所を言うならば
生徒会会長の桃喰綺羅莉
ギャンブルに参戦するという点です。

これは原作漫画読者としても見所で
それだけでも映画として評価は上がる。

視鬼神真玄VS蛇喰夢子VS桃喰綺羅莉

それぞれがタッグを組む2人×3チーム戦。
この終盤のギャンブル戦は注目。

~注意点~ 

①視鬼神真玄のオリキャラ

本作の敵キャラでもある
視鬼神真玄という男の魅力が
少し残念で盛り上がりに欠けたことが
最大の注意点であることは間違いなく。

最凶のギャンブラー」と呼ばれるように
脅し、イカサマ、狂気など手段を選ばずに
次々にギャンブルで勝利を掴む一方

そもそもギャンブルの「心理戦」「駆け引き」
というその映画根本のうま味でもある部分が

脅しで相手に敗北を突き付けたり
掛け金を途中で大量に追加したり
イカサマで自分自身の安全確保だったり

とにもかくにもその「賭ケグルワナイ」
その小物感が作品テーマを揺るがすので
ここは本当に残念しかなかった。

②前作比較

前作も本作もオリジナルストーリー。

しかし先に挙げた視鬼神真玄の魅力然り
本作のギャンブルも終盤のロシアン以外は
ゲーム性、演出、時間すべてに劣る印象で

全体的に見応えが薄い印象でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「賭ケグルイ 絶対絶命ロシアンルーレット」
 を一言で言うならば

視鬼神真玄は賭ケグルワナイ 

人気原作コミックの実写化第二弾。

実写化キャラメイクや若手起用
原作に無いオリジナルストーリーなど
魅力を感じる反面・・・

本作はその敵キャラのギャンブル能力が
賭ケグルワナイ点が一番の残念なところ。

本作最後は原作でも描かれる
桃喰一族の登場を匂わせる演出があり
続編は決定か。-Coming Soon-
 

5つ星評価 2.9

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)




映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント