ベタ006「なかまをたすけようと手をさしのべるもなかまが自ら手をはなす」

この記事は約2分で読めます。


【ベタ解説】

絶対絶命の状態でも仲間のことを
ギリギリで助けようとする主人公。
助けられている仲間は
自分の命よりも他人を優先する主人公に対して
主人公をかばうように
差し伸べられた手を自ら離そうとする。

はじめはお互い嫌いだった二人だったが
旅を続けるうちに仲間意識が芽生えた物語中盤以降
このようなシーンが出てくる「ベタ」が多い気も。


【ベタ模範解答】

 村を苦しめていた魔物のボスを見事に退治した主人公一味。しかし、魔物の最後の悪あがきによって城の崩壊が始まった。急いで逃げる主人公一味だったが、途中の橋が崩壊し仲間の一人が転落の危機に。間一髪で仲間の手をつかむ主人公。

<主人公> 
「だっ・・だいじょうぶかぁっ!!」
「いま引き上げるからなっ。一緒に帰るぞ!」

<仲間>
「うっ・・もう・・いいんだ。」
「主人公。初めはお前なんか大っ嫌いだった。」
「でも旅を通してな・・お前の強さの正体がわかった気がするよ・・」

<主人公> 
「なっ・・なに言ってるんだ・・必ず助けるからなぁ・・っ!」

 掴むのはお互いの片手のみ。主人公も片手で大の男を引き上げることには苦戦を強いられる。一方仲間は、こんな緊急事態にも関わらず主人公との思い出話を語りだし微笑んでいる。

<仲間>
「ありがとう主人公。お前だけでも生きろ。」

<主人公>
「え・・・・・ば・・ばかやろっーー!!」

 主人公の片手に重みが無くなった。
 それは仲間がこの緊急事態に二人が生き残れないと判断した行動。
 仲間は主人公の手を自らほどき、崩れゆく橋とともに姿を消していった。

To Be Continued
~マンガのベタ006「なかまをたすけようと手をさしのべるもなかまが自ら手をはなす」~

('ω')「マンガのベタ一覧はこちら」('ω')

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント