マンガ紹介「Over Drive」

この記事は約6分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「Over Drive」です。

○作者 安田剛士 
○出版社 講談社 
○掲載誌 週刊少年マガジン 
○発表期間 2005-2008 
○巻数 全17巻

■あらすじ
「自転車部に入らない?」 
 憧れの女の子深澤さんにそう言われた主人公「篠崎ミコト」。彼は運動神経は悪いし、食べるのは遅い、女の子と話すのも苦手で、オマケに自転車に乗れなかった。しかし自転車に必要な一番の要素は「心」だと深澤は助言した。何事にも動じない強い心、集中力、それが必要だと。 
 自転車を乗ることから始まった篠崎ミコトが、後にロードレース最高峰の「ツールドフランス」に出場するのはまだもう少し先の話。

~ジャンル分類~ 
自転車ロードレース漫画 

~要素方程式~ 
[自転車]×[高校]×[熱血]
=[恋のABC]


自転車ロードレースを舞台としたスポーツ漫画。

主人公は冴えない性格でパシリ役の男の子。
憧れの深澤さんとのきっかけから篠崎ミコト
自転車ロードレースの世界に魅かれていく。

出典:コミック「Over Drive」第5巻

レース終盤。
自分にとっての
自転車の存在を確かめる篠崎ミコト。

自転車レースの説明や
レース全体の描写はそこまで多くなく

自転車レース時の選手の
心理状態の説明が多いことからも

そういった自転車レースの過酷さ
心理面を伝える部分に重きを置く漫画です。

余談ですが自分もロードバイクを持っていまして
完全なド素人ですが自転車はすごく好きなので
割と自転車マンガは好んで見ているかもしれない。

~見所ポイント~

①自転車レースのインパクト

自転車レースでの選手の心理面を
丁寧に描いてハラハラな展開も上手いので
自転車漫画として楽しめると思います。

特に見開きページ大ゴマ率に関しては
自転車漫画、いやスポーツ漫画のなかでも
引けを取らずにバンバンと出てきます。

出典:コミック「Over Drive」第4巻

画風自体も普段の学校生活のときとは大きく違い
レース描写は劇画チックに描かれインパクト大!
この画力は一気に世界観に引き込まれます。

自転車ロードレースの描写よりも
登場人物の想いや過去などが多い印象で
「人間ドラマ主体」な印象があるかもしれません。

②ギャグ要素は良い

本作品での主人公ミコトとクロスケの
「恋のABC」は最高に面白い!!笑 

ミコトとクロスケが恋のABCについて
それぞれ考えていくのですがこれが面白くて。

出典:コミック「Over Drive」第2巻

教室で急に恋のABCについて語る大和。
これは唐突すぎてびっくりします笑。

出典:コミック「Over Drive」第3巻
出典:コミック「Over Drive」第3巻

レース中、急に恋のABCの”C”について
意気揚々に語りだす大和と篠崎。バカなふたり笑。

本編ではなくオマケ漫画で
恋のZまで論議を行う場面があるので必見!
恋のABCの行方は是非読んでお確かめください。

③篠崎ミコトの想い

篠崎ミコトが
自転車ロードレースにのめり込む理由。

ひとつは
自転車そのものの楽しさに魅了されたから。

ひとつは
強力なライバルや仲間のために走るから。

そしてもうひとつ
憧れの深澤さんのためだ。

深澤さんが彼氏に振られたことに
何故か感づくミコト。

「ピンチのときに助けたい」
ミコトは深澤さんの家に向かう。

雨の降る中、お母さんに言われて初めて
外に気づきカーテンを開けて覗く深澤さんに
ミコトがここぞとないぐらいに叫ぶ。
すごく印象的に残るシーンでした。

出典:コミック「Over Drive」第2巻

雨の中、深澤さんのために走ると
見事勇気を振り絞って言ったミコト。

本作品はほとんどが自転車ロードレースなので
そこまで恋愛模様はありませんが、ここは必見。

そしてここのシーンで出てくる
深澤さんのお母さんがかなりいい味出してる
サブキャラでサラッと名言がさく裂します。

深澤さんのお母さん名言

「私以外、あんたの様子気づいた友達いる?」

「なんかよくわかんないんだけど

あんたがピンチだと思ったんじゃないの?
男の子は ふつう そーゆー時

好きなコの力になりたいんだよ・・・」

なんでしょう。
この「タッチ」の原田正一を彷彿とさせる存在感。

サブキャラがぼそっと言う
ここぞの名言ってなんか心に響きます。

~注意点~ 

①超人的な高校生 

スポーツ漫画の「ベタ」でもありますが
あまりに驚異的な身体能力はさすがに
ちょっと納得できない描写も出てくるかも。

強いて言うなら例えば第2巻。

篠崎ミコトが河原で練習するシーンで
深澤はハンドルに腕を置いて余裕顔で走るんですが
なんと時速40km/hもでているという・・。

さすがにハンドル腕置き&余裕顔で
巡行40km/hはちょっと・・笑。

②ロードレースならではの・・・

ロードレースは一日で
200km以上走るコースもある。
漫画としても多くの登場人物が出てくる。

そういった自転車漫画の構造的な面もあって
非常に試合描写が長いです。ひたすらに長い。
一試合で何巻分も消費するので注意です・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Over Drive」を一言で言うならば

自転車・熱血・恋のABC  

画力の高さに試合シーンでは魅せられる。
キャラ立ちやギャグ要素も良くおススメできる。

そしてやはり「深澤さんのお母さん」が良い!!
これだけ推しているのも自分だけでしょうが笑
かなりの名サブキャラ認定!!是非お確かめを♪


個人的好み度
 68%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)



コミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
約9000作品の無料読み放題コーナーも充実!
電子書籍で購入なら《ebookjapan》がおススメ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント