映画紹介「約束のネバーランド」

この記事は約7分で読めます。


本日の映画紹介は 「約束のネバーランド」です。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

○原作 白井カイウ 出水ぽすか
○監督 平川雄一朗
○脚本 後藤法子 
○音楽 得田真裕
○製作 オフィスクレッシェンド
○封切日 2020年12月18日 

■あらすじ
 自然の中に建てられた楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす子どもたちは、母親代わりの優しいイザベラを「ママ」と呼んで慕い、いつか里親に引き取られる日を待ちわびている。年長者のエマ、レイ、ノーマンも、外の世界で待つ幸せな暮らしを信じていた。ある日、里親が見つかり孤児院を去ることになったコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が大切にしていた人形を忘れて行ったことに気づく。コニーに人形を届けるため、近づくことを固く禁じられていた「門」へ向かった2人は、そこで無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿を目撃する。彼らが楽園だと信じていた孤児院は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、ママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。(映画.com引用)


2016年連載開始で2020年まで
週刊少年ジャンプで連載された本作。

話の大筋は楽園のような孤児院
「グレイス=フィールドハウス」で育った
エマ,ノーマン,レイの年長者3人が

実はこの孤児院が外の世界に存在する
鬼に「食用肉」を献上する農園という
事実を知ったことから動き出す

孤児院脱走サスペンスが主軸ストーリー。

~映像・音楽~ 

監督は「平川雄一朗」
脚本は「後藤法子」

どちらもTVドラマ製作歴が多い印象で
個人的に物語の時間配分や展開の魅せ方は
すごく安定感のある見所だった気がする。
 
音楽は「得田真裕」

こちらもTV関連音楽の経歴が多く
なんとなく全体的に安定感のある布陣。

主題歌は「ずっと真夜中でいいのに。」
youtubeからのメジャーデビューユニットで
個人的にファンだったので感慨深い。

~演出・時間~ 
 
上映時間は118分

原作では序盤の脱出編までで
原作で言えば5巻までのストーリー。

ここに関しては一言で「ちょうど良い」
まさに映画2時間程度に収めるには
抜群に良かったんじゃないかと。

内容的にも映画としての取捨選択での
改変はあるものの、違和感はあまりなく
割と時間配分は見やすい展開だったと思う。

~見所ポイント~ 

①脱出サスペンス

楽園と思っていた孤児院が
実は「食用肉」を育てる農園だった。

その孤児院の年長者3人が
「ママ」と呼ばれる管理者との
推理、駆け引き、脱出など繰り広げる
サスペンスが見所。

原作自体は知らなくとも
序盤の展開からキャラの登場など
とても見やすいので安定感があります。

②各キャスト

<孤児院年長者3人>
エマ:浜辺美波
レイ:城桧吏
ノーマン:板垣李光人

主演3人は原作の年齢問題(原作は11歳)で
映画では設定が15歳へ繰り上げにはなり
かつ中世的な世界観やキャラデザなど含め
「違和感」はぬぐえないところは致し方ない。

それでも若手女優の浜辺美波の可愛さは必見。
個人的にはノーマン役の板垣李光人さんは
そのなかでも一番「違和感」を消し去って
「ノーマン」役を全うしていた印象でした。

<ママ,シスター>
イザベラ:北川景子
クローネ:渡辺直美

イザベラ役の北川景子は個人的に良くて
年齢的にも30歳近くでぴったりだし
ミステリアスで狂気な部分も違和感なし。

途中から登場する管理側のシスターである
クローネ役の渡辺直美も強烈なキャラで
面白かったし、漫画系実写化に向いている。
(まあちょっとふざけすぎでしたが笑)

~注意点~ 

①主演3人の実年齢問題

原作の11歳問題は15歳へ改変したものの
やはり主演3人のキャラと実年齢差は違和感。
※[ ]内は実年齢

エマ役:浜辺美波[20]
レイ役:城桧吏[14]
ノーマン役:板垣李光人[18]

特に今回悪手なのはレイ役一人だけが
実年齢が配役に近く、逆に浮いているような
どこかこのアンバランス差が最も違和感。

②レイ役の城桧吏

今回本作の「違和感」は年齢だけでなく
レイ役の城桧吏さんの演技が他2人に比べて
だいぶ下回ってしまっている点に尽きる。

これは完全に「浮いてしまっている」

またそのあまりの「違和感」があったので
ちょっと調べてみるとその事実に納得。

実は撮影中に「声変わり」が発生してしまい
撮影後に映像を合わせアフレコをしたという
その映像との違和感の理由はそこにあった。

また声変わり中という事もあってか
叫ぶ時の声のかすれや、滑舌の悪さなど
これはちょっとタイミングも悪かったのか。

それにしてもやはり本作最大の残念な点は
このレイ役の城桧吏さんにあったかなと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「約束のネバーランド」を一言で言うならば

レイ役の声はアフレコです  

週刊少年ジャンプ連載の
脱出サスペンス漫画の実写化。

正直実写化では「浮いてしまう感」は強く
大コケすると予想していた作品でしたが
思ったより映画作品としてはまとまっていた。

残念だったのはやはりレイ役の違和感。
それでもセリフすべてを撮り直しなのは
なかなか大変だったのではないか・・。
(演技はそれでも残念だった印象でした)

そしてエンドロール後の最後の字幕での
「ある注意書き」がなんともクスリと面白い。
何が出てくるかはお楽しみに。

5つ星評価 3.1

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント