映画紹介「銀魂 THE FINAL」

この記事は約4分で読めます。


本日の映画紹介は 「銀魂 THE FINAL」です。

出典:映画公式サイト引用(画像リンク)

○原作 空知英秋
○監督・脚本 宮脇千鶴  
○音楽 Audio Highs
○製作 BN Pictures
○封切日 2021年1月8日 

PG12

12歳未満は保護者の助言や指導が必要な作品

■あらすじ
 最後にして最大の敵・虚(うつろ)との死闘を描く。地球滅亡までのカウントダウンが迫る中、かつての盟友である銀時、高杉、桂は、それぞれの思いを胸に奔走する。そんな銀時たちの前に立ちはだかったのは、幼少時代の彼らを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格である虚(うつろ)だった。銀時たちを援護するべく、新八と神楽、さらには真選組やかぶき町の面々、かつてのライバルたちも立ち上がる。(映画.com引用)


週刊少年ジャンプ人気漫画「銀魂」
最後の最後の本当に終わりのアニメ劇場版。

原作の度重なる「終わる終わる詐欺」問題も
この劇場版アニメで本当の最終章。

物語は原作の最終章の(うつろ)編を描く。

~映像・音楽~ 

監督・脚本は「宮脇千鶴」
TVシリーズアニメ「銀魂」の
監督も務め本作劇場版も担当。
 
音楽は「Audio Highs」
主題歌の「轍〜Wadachi〜」は軽快な
サウンドと挿入タイミングなど良くて
すごく映画自体に良い効果を出していました。

~演出・時間~ 
 
上映時間は104分

演出は冒頭の銀魂らしいオマージュで
面白可笑しく、端折りながら全体説明。
(ただし初見の人は追いつけるはずもなく)

物語もいきなり全員集合・大乱闘で
いきなりクライマックスの展開なので
そこはインパクト有で楽しめます。

~見所ポイント~

①全員集合・大乱闘

とにかく序盤からのクライマックス展開
キャラ集結、大乱闘とその盛り上がりは必見。

ギャグ、シリアスもこれでもかと
一言で言えば「銀魂」らしい展開で
面白可笑しく見れると思います。

銀時高杉の三人と師匠:松陽の
過去のストーリーを中心に描かれ
虚(うつろ)と銀時の戦闘場面は圧巻。

②空知先生描きおろし「鬼滅の刃」イラスト

すみません、映画の見所ではない笑。

映画特典に空知描きおろしの
「鬼滅の刃」ポストカードがついてきます笑。
さすが空知先生。これは笑いました笑。

③Cパートもお楽しみに

ネタバレ防止で語りませんが
エンドロール後のCパートも見逃さず
是非お楽しみに。空知先生も登場します。

~注意点~ 

①作画・動画レベルの高低差

今回一番気になったのは「作動画」です。

作画自体はTVアニメシリーズから
キャラデザ変更もありちょっと違和感。
またレベルも劇場版としては微妙。

動画に関してもその完成度部分の
力の「入れる」部分と「抜く」部分の
高低差がものすごく「雑さ」が目立って
これは特にスクリーンで見ると歴然。

力の「入れる」部分は良いんですが
全体的に「抜く」部分が多かった印象で
映画館で見た時の違和感は大きい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「銀魂 THE FINAL」を一言で言うならば

銀魂本当のFINAL? 最後の大団円  

原作の「終わる終わる詐欺」も完結。
そしてアニメシリーズも本作で完結。

ファンにとっては悲しい面もある本作。
内容はキャラ集結・大乱闘の「大団円」

原作知らずの初見には厳しいですが
ファンにとっては素敵な一作品になる
劇場版アニメFINALだったと思います。

5つ星評価 3.0

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)


映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント