マンガ紹介「花さか天使テンテンくん」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「花さか天使テンテンくん」です。

○作者 小栗かずまた
○出版社 集英社
○掲載誌 週間少年ジャンプ
○発表期間 1997-2000 
○巻数 全17巻

■あらすじ
 この世に生まれるその時に、神様からひとり一つずつ与えられる、才能の種(通称サイダネ)。そのサイダネを、天使テンテンくんのある行動のせいで、ただの梅干の種を入れられて生まれてしまった、何をやっても上手くいかない、桜ヒデユキ。神様は、テンテンくんの天使の輪を没収と共に、ヒデユキが与えられるはずだった、サイダネを探す旅に行かされることになってしまう。   

~ジャンル分類~ 
小学生向けギャグ漫画 

~要素方程式~ 
[全裸]×[でべそ]×[天使]
=[低年齢]×[ギャグ]


全裸で、でべその天使が
リュックを背負って、髪の毛一本。

強烈なこのキャラクターは迫力満点笑。

才能の種(通称:サイダネ)を探す
テンテンくんと桜ヒデユキの二人が
様々な出来事や出会いを重ねていく
小学生向けギャグ漫画です!!

とにかくハイテンションなギャグ漫画です。

~見所ポイント~ 

①才能を探す天使と少年

まずはこの作品の目的でもある
サイダネ探しという部分。

人が生まれる前神様から
才能の種(サイダネ)をもらう決まりがある。

しかし、アホな天使テンテンくんの行動が発端で
梅干しの種が入ったまま
この世に生まれてきてしまった少年が
桜ヒデユキという少年である。

そして、何の才能も無く生まれてきてしまった
少年の本当の才能を探す為
天使のテンテンくんと共に
才能を探す生活をするというのが大筋のお話。

与えられた才能の種は・・・
若くしても綺麗な花を咲かしている者もいれば
えらそうにしているおじさんも
小さなつぼみしか成長していなかったり・・

「人の才能」「可能性」
という部分を
織り交ぜた題材は、結構見応えアリ。
むしろこんなギャグ漫画にしなくても
良いんじゃないかと思うほどの題材です笑。

②わかりやすいギャグ

基本的に、わかりやすく
そしてくだらないギャグはほとんどで
すごく気楽に読めて
何も考えず笑えるところは魅力。

扱われるギャグがかなり小学生向けな感じで
この作品を実は好きな自分って・・とふと悩む。

またサイダネを入れるサイダネ袋
サイダネを咲かせる天翼水が入る天翼じょうろ
サイダネを見ることができる望才鏡などなど・・

すごく夢に溢れている作品も
多く登場するのはなかなか魅力ポイント。

③魅力的な登場キャラクター 

登場人物も魅力的。

何をやってもダメなヒデユキ
親友でサッカーが得意の菊崎くん
ヒデユキが好意を持っている百合川さん
男勝りな茜田さん
顔が小学生離れした不良のドクダミくん

また天使仲間のキューピちゃんやベンテン
悪魔のデモモなどなどキャラクターは魅力的。

コミックス最終巻表紙

一応登場人物は・・
ほぼ植物に関係している名前が付けられている。
(天使や悪魔以外)

~注意点~ 

①下品なギャグ連発 

まあそもそもテンテンくんがね。。。
フルチンで、でべそで、リュックを背負う・・
キャラクターの根本が下品です笑。

低品質の笑いに関してはお墨付きです。

②低年齢向けギャグ

小学校低学年にハマっていた記憶がある。

ギャグ自体は非常に低レベル低年齢向けなので
そこんところはご了承ください。

たぶん自分が好きなのはギャグじゃなくて
キャラクターが好きだったのかもしれないな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「花さか天使テンテンくん」
 を一言で言うならば

下ネタ&ハイテンションギャグ

もうすごいことになってるんで
とりあえず読んでみてください。

8割方の人がこの作品を
嫌いなんじゃないかと密かに怯えている笑。

自分は好きなんだけどな~・・。

個人的好み度
 46%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント