マンガ紹介「HaHa」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「HaHa」です。

○作者 押切 蓮介
○出版社 講談社
○掲載誌 モーニングKC
○発表期間 2015年
○巻数 全1巻

■あらすじ 
 自分をこの世に生んだ人間の半生、必ずそこには物語が存在する。いつか母が死んでしまった時、母のことをもっと聞いておけばと後悔するのは嫌だ。親の半生に関心を持って人生話に耳を傾けるのも一つの孝行だと、僕は思う。(amazonより引用)  

~ジャンル分類~ 
母親半生想起漫画

~要素方程式~ 
 [母親]×[半生]×[傾聴]
=[敬意]×[親孝行]

「ピコピコ少年」「ハイスコアガール」
などの代表作を世に出す押切蓮介先生の
「母親」に焦点を当てた人間ドラマ作品。

それが今回紹介をする「HaHa」になります。

自分をこの世に生んだ人間の半生を
あまり聞くことなく別れを迎えたとき
そこに「後悔」は残らないだろうか。

出典:コミック「HaHa」

母親の半生に
耳を傾け敬意を払うことは
新しい発見と共にそれは・・・
親孝行のひとつなのだろう。


~見所ポイント~ 

①あの”母親キャラ”の過去!!

押切蓮介作品で過去に登場する
あの「母親」の 過去編が見れると言うことで
押切ファンにはたまらない作品です!

出典:コミック「HaHa」

話の大筋は・・・
母親18歳の頃からの旅館の手伝いから
家を出て静岡でのバスガイド時代
そして故郷に戻ってくる主軸の物語。

相変わらずの
コミカルで衝撃的なコマも健在で
魅力ある展開は読んでいて
引き込まれるので大注目!!

②親から子へ、そして子から孫へ

タイトルにもなっている通り
この作品は「母親」に焦点を当てられますが
実は過去編として
「母親」の「母親」からの教えが主になっている。

出典:コミック「HaHa」

おばあちゃん⇒母⇒息子(押切)

こんな受け継がれる意志や教えが
本作品では語られていきます。

出典:コミック「HaHa」

ここで語られる内容は
本当に心に染み込むような言葉が多く

コミカルな雰囲気のなかでも
スーっと入り込む台詞は魅力的です。

③ぶん殴り!!

個人的には唐突に現れる暴力シーンが
押切蓮介先生の作品の一つの魅力だと思う笑。

出典:コミック「HaHa」

その魅力はこの作品でも
顕在で笑ってしまいました笑。
(このコマだけ見ると恐ろしい・・笑)

~注意点~ 

①特になし

全1巻と読みやすく
押切蓮介先生作品を知らなくても

普通に良作で心温まる物語や
台詞が詰まっているので
是非手に取って欲しい作品。

ここから押切作品に入ってもいいかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「HaHa」を一言で言うならば

親から子へ受け継ぐ意志

自分をこの世に生んでくれた
「母親」にも「親」は存在し
常に「親から子へ」受け継がれていく
その意志は尊ぶべき大切なもの。

そんな感情を作者独特の
照れ隠しでコミカルさを混ぜながらも

根本には家族に対しての「愛」だとか
人生においての「教訓」などが
読んでいて自然に入り込んでくる
この作品は魅力が溢れています。

これを読んだ後はまずは両親に会いにいって
昔話に花を咲かせるのもいいかもしれません。 


個人的好み度
 76%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント