マンガ紹介「ちーちゃんはちょっと足りない」

この記事は約4分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「ちーちゃんはちょっと足りない」です。

○作者 阿部共実
○出版社 秋田書店
○掲載誌 少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと!
○発表期間 2013-2014
○巻数 全1巻

■あらすじ
「はぁ私たちはなんだか私たちって」いつも何かが欲しくって。中2女子・ちーちゃんとナツの日々日常。「空が灰色だから」の阿部共実 初の長編新作。(amazon引用)

~ジャンル分類~ 
日常モラトリアム漫画


~要素方程式~ 
 [中2]×[萌え]×[不安]
=[モラトリアム]+[後味の悪さ]

このマンガがすごい!2015年オンナ編で
第一位を獲得した本作品。

ジャンルは日常モラトリアムとしましたが
ちょっとベクトルは怪しいです。

話の大筋は普通の中学2年生女子の
なんの変哲もない日常。

出典:コミック「ちーちゃんはちょっと足りない」

ただそれだけで
一位に選出されるわけはなく
この作品に見え隠れする
「悩み」「展開」には唸るものがあります。

~見所ポイント~ 

①足りない

本作品に登場する人物は

○精神性が足りない「ちーちゃん
○自己肯定感が足りない「ナツ

この二人がメインで描かれる
中2女子のなんてことのない日常です。

ちーちゃんはまるで小学生のような
精神性を持ち合わせていて
中学生とは思えない言動や行動で
周囲をわかして困らせます。

出典:コミック「ちーちゃんはちょっと足りない」

一方、ナツは中学2年生女子の
年齢相応な「悩み」「葛藤」を抱えて
やっぱりなんだか自分への自信が
「足りない」普通の女の子です。

出典:コミック「ちーちゃんはちょっと足りない」

こんな対比とコミカルな日常劇で
前半は進むのですが・・・

物語は後半に入り「ある事件」が起きてから
雰囲気が一気に変わります。(②へ続く)

②引き込まれる後半

あるときクラスで
お金が盗まれる事件が起きるのですが

疑われたちーちゃんをかばうように守った
友達の旭の信頼をケロっと裏切るように
なんの罪悪感も無いかのように
盗んだことをちーちゃんは明かします。

そして欲しかったリボンを
買いたい気持ちからか
ちーちゃんが持っていたお金をもらい
ナツもその罪に手を伸ばしてしまいます。

出典:コミック「ちーちゃんはちょっと足りない」

そのことをきっかけに
ナツは 「罪悪感」に追われて
買ったリボンは結局捨ててしまうし
友達の旭とは縁を切るかのように離れてしまう。

物語最後にはちーちゃんが
行方不明になってしまうのですが

姉と一緒に探し
あっけなく再会を果たして
あっけなく終わります。

③本作品最大の注目は「不安」

実は名前は存じていましたが
作者の阿部さんの作品は初挑戦でした。

この作者さんの本質は「不安」だと思います。
不安の描き方が絶妙。

モラトリアム漫画と言えば
「成長」「悩み」「葛藤」「希望」「絶望」
色々な部分での不完全、不足。
代表的には「思春期」が良く登場します。

本作品で言えば「不足感」と「不安感」が軸で

「不足感」はまさにタイトル通りの
「足りない」があるように

ちーちゃんは何もかも足りないと
泣き出してしまうし
ナツも順当に成長していく友達たちを
遠目に眺めて自身の不足感に悩みます。

「不安感」は後半・・
異様に増える黒いベタ塗りの対比をはじめ

盗んでしまったお金で買った
ナツの「リボン」がまさに象徴的で
その「不安」に耐えきれずに
ナツはリボンを結局捨ててしまいます。

出典:コミック「ちーちゃんはちょっと足りない」

そういう「不安」が後半に
一気に押し寄せてくる展開には

前半、ただの萌え日常漫画じゃないかと
舐めていた読者を一発で作品内に
引き込んでしまうんだと思います。

~注意点~ 

①後味の悪さ 

先に挙げたように
「不足感」「不安感」を感じさせながらも
そのままあっけなく終わってしまうこの物語には

「結論の無さ」だったり
何か潜むような「不安感」だったり
かなりのモヤモヤを抱える感情があり
一級品の「後味の悪さ」があります。

それでもそういう「後味の悪さ」が
読者の「不安」を生んでもう一回また一回と
再読したくなるような魅力にもなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ちーちゃんはちょっと足りない」
 を一言で言うならば

ちーちゃんはけっこう足りない 

 冒頭で挙げた第一話の画像で
「ちーちゃん」「ナツ」「旭」が
楽しそうに歩く姿と対比するように

最終話では友達の「旭」が消えた
「ちーちゃん」「ナツ」の姿が描かれます。

何かが足りなかった二人は
それでも「笑顔」で歩いていて
その歩く位置は「戻せない時間」を示すように
少しだけ「前」に進みます。

出典:コミック《第1話》
出典:コミック《最終話》

人間誰しも
「ちょっと足りない」
のは当たり前で

その「ちょっと」が
人間の「良さ」でもあり
「悪さ」でもあると思います。

ひとつ気になるのは客観的に何度読んでも
「ちーちゃん」は「けっこう足りない」笑。

けっこう足りない「ちーちゃん」と
ちょっと足りない「ナツ」。

ちーちゃんを見て「私も同じだ」と共感する人。
ちーちゃんを見て「アホだ」と揶揄しても
ちーちゃんよりマシなナツを否定できない人。
ちーちゃんもナツも「残念」と共感できない人。

こういう対比を持たせることでの
「不安」の振れ幅の広さと
タイトルにさえも「ちょっと」だろうか?と
「不安」を感じてしまうような

それこそどの部分にも
「不安」を潜ませるような手腕に
本作品の神髄を感じます。


個人的好み度
 83%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント