マンガ紹介「荒川アンダー ザ ブリッジ」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「荒川アンダー ザ ブリッジ」です。

○作者 中村光
○出版社 スクウェア・エニックス
○掲載誌 ヤングガンガン
○発表期間 2004-2015
○巻数 全15巻

■あらすじ
 主人公・市ノ宮行は世界のトップ企業社長の御曹司。幼い頃から父に「他人に借りを作るべからず」と教えられ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。 しかし、ひょんなことから溺れかけた際、荒川河川敷に住む自称金星人のニノに命を救われる。「命の恩人」という余りに重すぎる借り。その恩返しとしてニノが行に要求したのは「私に恋をさせてくれないか?」という事だった。
 こうして行はニノの恋人となり、自身も橋の下で生活することになる。 荒川の橋下では常識から外れた人々がたくさん住んでいた。行は「リクルート」(通称「リク」)という名前を与えられ、橋下の住人の一人として暮らす事に……。(Wikipediaより引用)  

~ジャンル分類~ 
河川敷恋愛コメディ漫画

~要素方程式~ 
 [河川敷]×[変住人]×[ギャグ]
=[愛?]

「河川敷恋愛コメディ」という
謎のジャンル紹介ですが笑
要約するとそんな感じの漫画です。

舞台は荒川河川敷。

「他人に借りを作るべからず」
の家訓を持つ市ノ宮(リク)が

荒川河川敷の住人であるニノさんに
助けてもらった事から物語が始まります。

出典:コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」第1巻

あらすじからもわかるようにギャグ漫画です。

たまにどことなくシリアスで
恋愛要素も少し兼ね備えているので

総じて見ると「恋愛コメディ」
ってジャンルになるのかもしれない。

~見所ポイント~ 

①ありえない住人達

まず一番の魅力は
荒川河川敷に住むとんでもない住人達です。

主人公でもある一ノ宮(リク)は
命の恩人のニノさんの為に
荒川河川敷に一人暮らしをする事になるんですが

その荒川河川敷の住人達が
まあもれなく個性的すぎるキャラクターなんです。
というか半分はもう人間の姿すらしていない笑。

出典:コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」第1巻

自称河童の荒川河川敷の村長とか・・。
背中にはファスナーが付いている( ゚Д゚)

出典:コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」第3巻

河川敷での役割はミュージシャンの星とか・・。
キザで軽いノリのチャラい奴。
本物の星・・ではない。

出典:コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」第3巻

自称は超能力者の鉄人兄弟とか・・。
普段は仮面を被ることで力を抑えているらしい。

こういう謎のキャラクターが
ホイホイ出てくるのでお楽しみに♪

②荒川河川敷の魅力

ギャグ漫画というジャンルにおいて
その「世界観」に引き込むために
「時間経過が必要ない」という独特の特徴がある。

しかしそれ以上に本作品を見ていると
「作品の舞台や登場人物」というものが
ほとんど変わらないギャグ漫画ってのは
すごく読み心地が良いと改めて思う。

基本的に本作品では「荒川河川敷」が舞台であり
ここで色々なキャラとバカ騒ぎしたり
新キャラが少しずつ登場したりと・・・

読めば読むほど
その作品舞台に愛着が湧いてくるんです。

出典:コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」第2巻

こうなってくるともう
その世界観にどっぷりハマってきて
読んでいて楽しいし読み心地が良いんです。

村長がいるぐらいなので
河川敷には協会、畑、牧場・・・・
とにかく様々な施設(違法建築物)があるので

そういう部分も読み進めていけばいくほど
世界観の魅力を倍増させてくれます。

~注意点~ 

①あんまりないな・・・

世界観も良くて
キャラクターも面白くて
ギャグテンポも軽快で

非常に読みやすいのであんまり注意点はない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「荒川アンダー ザ ブリッジ」
 を一言で言うならば

荒川河川敷の愉快な住人達

荒川河川敷に住む住人達との
愉快爽快なギャグ物語。

特に登場キャラの個性と面白さに
魅力が高いと感じます。

荒川河川敷の魅力にハマってしまえば
きっともう抜け出せない面白さです!  


個人的好み度
 82%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント