マンガ紹介「ヨシボーの犯罪」

この記事は約5分で読めます。


本日のマンガ紹介は 「ヨシボーの犯罪」です。

○作者 つげ義春
○出版社 小学館
○掲載誌 月刊ガロ 
○発表期間 1979年
○ページ数 約15P

■あらすじ
ヨシボーのちょっとした罪悪感と
高揚感が織り成すある日のお話。  

~ジャンル分類~ 
分類不可の謎漫画 

~要素方程式~ 
[意味不明]×[幻想]×[衝撃]
=[?]×[?]×[?]


「ねじ式」で紹介した「つげ義春」。
今回もつげ義春ワールド前回の作品紹介。
※下部リンク「ねじ式」もご覧ください。
 
「うまそうな女か、まずそうな女か・・・・・、
ピンセットで一センチほど刺してみるとほぼわかる」

出典:文庫版「ねじ式」短編集

衝撃的な文章からスタートする「ヨシボーの犯罪」

内容は、これまた説明不可能な作品です。
完全に病んでいる作品なことは確かです。

~見所ポイント~

①わけがわからない

本作品を簡単に解説すると

雑誌の女性をピンセットでつまみ
その罪悪感から次々と不安になっていく
ヨシボーのお話です。

先ほど載せた画像の続きは
雑誌の中から取り出した女を
ピンセットで摘んでもりもりと食っている。

出典:文庫版「ねじ式」短編集

この時点でヨシボーの精神状態が
普通ではないことがわかる。
スケール感の崩れた画風も不気味だ。

その後、ピンセットをどこかに
廃棄しなければいけないと焦るヨシボー。

兄に自転車修理を頼まれるも
ヨシボーはピンセットを処分しようと、
まずピンセットを洗う。

歩いていた女子大生の目を気にしつつ
なぜか和室に積み上げた布団の山に乗り

天井に吊るされたタオルに
ピンセットを隠すつもりだったが、
女子大生に見つかり断念。

T君に自転車を借りて隣町に行くヨシボー。
硝酸に溶かせばと考えるが
どれが硝酸かわからず困るヨシボー。

途中、宿屋があったり古い家屋を発見したりと
テンションがあがってきたヨシボーは・・・

出典:文庫版「ねじ式」短編集

「温泉もあるんだ」
「ああ嬉しくなっちゃった」
「みんなにも教えてあげよう」


ピンセットのことなんか忘れて自転車にまたがる。

これで終了です。

結局何の漫画かと言われると不明で
精神障害を持った人物の心理を表した漫画なのか
それとも不思議な世界観を表現した作品なのか

これまた作品が破綻しているので読み取れない。

個人的に本作品で感じるのは
「罪悪感が消える瞬間」かなと。

結局ヨシボーは
ピンセットのことを忘れたけど

もしかしたらまた
思い出すかもしれないし
不安になるかもしれない。

~注意点~ 

①意味がわからない

作者つげ義春さんの「奇妙な世界」を
理解しようとするとたぶん混乱する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ヨシボーの犯罪」を一言で言うならば

起・承・  

起承転結が揃わないだけで
ここまでマンガは崩れるのか。

夢のなかにいるような作品。
本当に奇怪な作品だ。

これもまた評価できない。
まだまだ作者との闘いは続く・・。


個人的好み度
 ??%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)



コミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
約9000作品の無料読み放題コーナーも充実!
電子書籍で購入なら《ebookjapan》がおススメ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント