映画紹介「海辺のエトランゼ」

この記事は約4分で読めます。


本日の映画紹介は 「海辺のエトランゼ」です。

出典:映画公式HP(画像リンク)

○原作 紀伊カンナ
○監督・脚本 大橋明代 
○音楽 窪田ミナ
○キャラデザ 紀伊カンナ
○配給 松竹ODS事業室 
○封切日 2020年9月11日 

※補足

本作品はBL(ボーイズラブ)作品となります。

■あらすじ

小説家を目指す青年・駿は
海辺の少年・実央に思わず声をかけた。
――「ちょっと、君!」

それをきっかけに
実央も駿のことを意識し始めるが
彼は島を離れなくてはならなかった。

「はやく大人になりたい」
そう言い残し、実央は去っていく。

3年後、実央は駿のもとに戻ってきた。
少しだけ大人になって。
はにかんだ笑顔を浮かべながら。

叶わないはずの想いが、通じあったとき、
止まっていた時間が動き出す。

心が洗われるようなボーイズラブとして
人気を上げている原作漫画のアニメ映画化。

話の主軸は沖縄の離島で出会った男二人。

小説家の卵でゲイの駿と
美少年で寂しげな一面をみせる実央が
海辺で出会うことから始まる物語。

ボーイズラブと言ってもタイトルや
画風を見てもわかるように非常に爽やかな内容で
ハードルは高く持たなくて大丈夫です。

~映像・音楽~ 

監督は「大橋明代」
初めて耳にする監督の方でしたが

アニメ「暗殺教室」の演出や
アニメ「ハクメイとミコチ」の絵コンテなど
担当されている方のようです。
 
音楽は「窪田ミナ」
「泣きたい私は猫をかぶる」などの音楽も
担当されていてピアニストの方のようです。

本作品の舞台が沖縄の離島の海辺であり
ゆったりと爽やかな舞台は映像にも表れていて

キャラ線画は割とはっきりとしていて
風景画は柔らかく綺麗な印象が強かった。

~演出・時間~ 
 
上映時間は59分

映画としては非常に短い時間ですが
もともと原作は続編はあるものの
海辺のエトランゼの本作は全1巻なので

内容含めてもこの時間は悪くない時間。
むしろ綺麗に要所ポイントを押さえながらも
急ぎ足にも感じない見応えだったので拍手。

~見所ポイント~ 

なんと言っても見所は原作者の
紀伊カンナさんが元アニメーターであり
本作品のキャラデザにも関わっているので

原作とアニメの雰囲気が完全一致していて
これは原作を見た人にとってはそれだけで見所。
ここは原作者が直接関わっている強み。

BL作品という事で万人受けはしないけれど
雰囲気や内容の爽やかさからも
決して見にくい作品ではないと思う。

同性を好きになる事への心のひっかかりを
なかなか取り除けない葛藤を持つ駿

駿に対してなかなか愛情が伝わらない
また母親の死というショックを持つ実央

駿の元婚約者で、駿への気持ちの踏ん切りをつけ
また駿の父親の件で島にやってきた桜子

三人それぞれの重要場面をきっちり描いていて
作品全体を通して文句なしの完成度だった。

~注意点~ 

全体的な完成度は高いし綺麗なアニメ映画ですが
やはり「ボーイズラブ」をテーマにした作品なので
そこのハードルがある人はちょっと注意です。
(かく言う自分も全く未知な世界なので・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「海辺のエトランゼ」を一言で言うならば

五感で感じる美しきBLアニメ  

内容自体は初々しい純愛物ですが
テーマがBLという変化球で上映も1時間。

こういうニッチな内容だからこそ
上映時間を短くして完成度を重視したか

キャラデザに原作者が関わったこともあり
作品としての完成度はものすごく高くおススメ。

沖縄の風、音、匂い、風景・・
五感で感じるその世界をアニメ映画として
まっとうに描いた綺麗な作品でした。

原作漫画の紹介もしたので良かったらどうぞ。
 

5つ星評価 3.6

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)




映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント