2021年マンガ・アニメ系 観た映画ランキングTOP3

この記事は約4分で読めます。


マンガ原作実写・アニメ系の映画限定で
実際に観れた作品のなかでの2021年TOP3を
この記事では発表していきたいと思います。
(観れていない作品は除かれています)

映画紹介記事一覧では公開年度別で
各作品紹介をまとめているので
良かったら覗いて見てやってください。



今年は飛び抜けた傑作と言えるほどの
アニメ映画作品には出会えませんでしたが
シリーズものの「最終章」がTOP3の内
2作品を占めているのが印象的でした。

また個人的には海外CGと実写系は
昨年より良い作品に出会えた気もしました。

それではTOP3から順に発表していきます!

TOP3 アイの歌声を聴かせて


吉浦康裕作品の集大成が光る一本


とある出来事で孤立していたサトミの
クラスにやってきたAIシオン。

近未来のAIと人間の共存世界を舞台に
AI、青春群像を「歌」というテーマで
爽やかで切なくまとめた本作。

「イヴの時間」「サカサマのパテマ」
など面白い作品を世に出す吉浦康裕さんの
集大成を感じるアニメ映画作品。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

今年個人的に注目をしていた作品で
その「期待」を遥か超えてきた本作は
「イヴの時間」「サカサマのパテマ」など
面白い作品を手掛ける吉浦康裕最新作。

AIと人間の共存をテーマに「歌」という
要素を溶け込ませて展開する青春群像は
監督得意の伏線・脚本を土台にして
キャラデザ、音楽、声優などバランスも良く
とても綺麗にまとまっていた作品です。

吉浦康裕監督作品を見たことの無い方は
是非その世界観に入り込んでみてください。


TOP2 シドニアの騎士 あいつむぐほし


フルCG シドニアシリーズ完結編


シドニアの騎士 TVシリーズに続く
完結編として描く劇場版最終章の本作。

未知の生命体「ガウナ」と闘う人類を
描く原作:弐瓶 勉のSFアクション。
フルCGで描かれる世界観は圧巻の一言。

本作はTVアニメから続く10年後を描き
原作とも違うストーリーを魅せていき
ファンとしては申し分ない完結編。

出典:映画公式サイト(画像リンク)

シドニアの騎士TVシリーズに続き
最終章として描く劇場版アニメの本作。

フルCG制作と本作品世界観のマッチ感
そして何より劇場版でのその「迫力」に
関しては今年No.1の破壊力だったと思います。

シドニアの騎士シリーズは知名度こそ
そこまで広くは無いかもしれないんですが
漫画、アニメ共に良作なのでおススメ。


TOP1 シン・エヴァンゲリオン劇場版


エヴァシリーズついに完結へ!!


「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築し
4部作で新たな物語を描いていった
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ。

本作はその4部作最終章にして
漫画版,TVアニメ,旧劇場版とも違う
新しく、そしてエヴァシリーズとして
本当の「完結編」として終えた。

長い年月を経たエヴァシリーズに
「決着」を付けたとも言える注目作品。

出典:映画.comフォトギャラリー(画像リンク)

2021年の「話題性」「歴史的」「作品完成度」
どれをとっても注目度が一番高かったのは
間違いなくこの「シン・エヴァンゲリオン」

2007年から始まった新劇場版シリーズも
庵野秀明監督の苦悩や挫折と共に展開され
「さらば、全てのエヴァンゲリオン」という
キャッチコピーが心に染みる。

作品の完成度としても申し分の無い
2021年を飾ったシリーズ大団円として
本当に楽しめる劇場版アニメでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年マンガ・アニメ系映画の
TOP3ランキングは以下の結果でした。

2020年マンガ・アニメ系映画TOP3


TOP1 シン・エヴァンゲリオン劇場版
TOP2 シドニアの騎士 あいつむぐほし
TOP3 アイの歌声を聴かせて


2021年はシリーズ劇場完結編が
2作品ランクインが印象的な結果でした。

シリーズ劇場版を除いて見てみると
飛び抜けて目立った作品は少なく
全体としても★4.5以上は無い印象でした。

またCG作品に関しては海外作品含めて
面白い作品が多めだった感想でした。

今年も例のごとくマンガ紹介少なく・・
映画紹介ばかりで申し訳ありませんが汗
来年も良い作品で出会える事を期待して。

(*’▽’)「映画紹介一覧はこちら」(*’▽’)



映画・アニメならU-NEXTがおススメ。まずは31日間無料トライアルでお試し!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  マンガはベタとベタでできている - にほんブログ村
↑リンク先でブログランキングの順位公表中!

コメント