マンガ紹介「浦安鉄筋家族」

この記事は約3分で読めます。


本日のマンガ紹介は
「浦安鉄筋家族」です。

○作者 浜岡賢次
○出版社 秋田書店
○掲載誌 週刊少年チャンピオン
○発表期間 1993-2002
○巻数 全31巻

■あらすじ
浦安市に住む大沢木一家が起こす
ドタバタな日常を描く
ハイテンションギャグストーリーです!  

~ジャンル分類~ 
ハイテンションギャグ漫画 

~要素方程式~ 
 [低年齢]×[ギャグ]×[パロディ]
=[下ネタ]+[ハイテンション]

この漫画以上にハイテンションなギャグ漫画も
世の中になかなかないんじゃないだろうか。

出典:コミック「浦安鉄筋家族」第1巻

一話完結型のギャグ漫画作品。
本当にハイテンションで
わかりやすい笑いが待っています。

そして下ネタが多い漫画でもある・・・。
この作品にしかない雰囲気を持っていて
自分はかなり好きなギャグ漫画作品です。

~見所ポイント~ 

①有名人のパロディーが多い

もう多い多い!笑。

登場するキャラクターは
ア○トニオ猪木から始まり
主にプロレス系の有名人は
名前違いでどんどん出てきます。

出典:コミック「浦安鉄筋家族」第19巻

有名人は今回の巻で何が出てくるかな~?
なんて楽しみ方にもなってくるぐらい。

あとは他の漫画作品である
同じチャンピオン誌の 「バキ」のパロディは
一番に力が入っている笑。
(花園垣くんと母が、まんまバキの登場人物)

出典:コミック「浦安鉄筋家族」第22巻

②叫び声が特徴的

「ユンピョウ」「ドボルザーク」
「もやしそば~」「ニーチェ」
・・・

もう意味不明な叫び声は
この漫画の一番の魅力です笑。すごく好き。

出典:コミック「浦安鉄筋家族」第27巻

ハイテンションと組み合わさるこの叫び声は
本作品の中でも、特に個性が光っている部分。

③わかりやすいハイテンションギャグ 

とにもかくにも
ハイテンション・下品・わかりやすい
と言ったような

この漫画独特の雰囲気は
是非見て感じて欲しいところ。

出典:コミック「浦安鉄筋家族」第29巻

ギャグ漫画としてこれほど個性を出すのも
難しいことなんじゃないだろうか?

限りなく低年齢向けのギャグ作品です笑。

~注意点~ 

①独特すぎるテンポ

一話完結型のギャグ作品ですが
この作品の独特でハイテンションなテンポは
見る人を選ぶ気がする。

②下ネタのオンパレード

そもそも扱われるネタは下品なものが多い笑。

作者自身が「うんこはギャグ漫画に必要」
と堂々の漫画哲学を言っているように

基本的に低年齢向けの下ネタギャグは
度々出てきますんで
そういう雰囲気が苦手な人は、要注意です。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「浦安鉄筋家族」を一言で言うならば

超ハイテンション家族日常  

とりあえず紹介のとおり
超ハイテンションなキャラが起こすストーリーが
この浦安鉄筋家族の魅力です。

残念ながら、ギャグレベルとしては・・
とにかくハイテンションなんです!笑


個人的好み度 72%

( ゚Д゚)マンガ紹介一覧はこちら( ゚Д゚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   {100%}マンガ作品の限界到達点。頂点。
{99~90%}想像超えた衝撃を受けた。尊敬。
{89~80%}想像範囲内で大好きです。感謝。
{79~70%}好きでもう1回読みたい。推薦。
{69~60%}好きだけどもう1回は・・。好き。
{59~50%}そこそこ楽しめたと言える。良し。
{49~40%}読んで少し魅力を感じた。普通。
{39~30%}普通。可もなく不可もなく。無言。
{29~20%}読み進めるのが辛かった。微妙。
{19~10%}嫌悪感に近い感覚がある。落胆。
{09~00%}マンガ作品の限界最下層。底辺。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです!

コメント